« ロマントピア天文台はもう一つイベント | トップページ | 「市民の歌」もノーですが、人格批判は許しません »

2012.06.12

南相馬との新たなご縁と考えたこと

2日間850kmかけての南相馬市訪問を終えて、帰ってきました。
主たる目的は5月に「ゆめはっと」で宣言した「こどものつばさ」説明会への出席で、西代表をはじめとする実行委員会と交流を深め全国36プログラムの招待先からの出席者とも情報交換することができ、何より実際に参加する小中学生や保護者の方々に「津軽の相馬」をアピールすることができましたので、今月下旬に出てくる申しこみ状況が楽しみです。
その前後でステイサポートで新たなご縁になりそうな出会いがありましたし、南相馬市内をはじめて見て回ったことで受けとめた現実についてもお知らせしたいと思います。

月曜日、娘を高校に送ってから出立前に訪ねたのは、新寺町の圓明寺・下間正博住職でした。
下間住職には以前から「動こう津軽!」メーリングリストに参加していただいていたのですが、先月末に住職はじめ4名の共同代表で福島県の被災農家支援サークルを立ち上げたという地元紙記事を見たので、農業も盛んな南相馬市で話をつなぐことやステイの方々に共同作業で交流する場を作るお願いができるのではという思いで訪問したわけです。
下間住職からはこれまでの活動やサークル結成の経緯などを教えてもらい、また私からの提案も前向きに聞き届けてもらい、今後サークルの会議にも呼んでいただいたり逆にステイの集いに顔を出してもらうことを約束しました。
このことを南相馬市で農家でもある西さんに伝えたところ、距離と規模の問題があってすぐに進む話ではないと現実を突きつけられましたが、翌日ご縁をつないでいただいて訪問した「南相馬ふるさと回帰センター」では、復興会議にも取り組んでいる鈴木里加子さんから農業での交流という一般論だけでなく、弘前市に農家民宿をされていた方が避難しているので、農作業ができると聞けば喜んで参画するのではという具体的な話を教えていただき、次につながる訪問となりました。
このご縁をつないでくださった方も23日のステイの集いに参加してくれることになっていますし、ステイの方でも準備からかかわりたいという自発的な動きが出てきていますし、ステイサポートは新たなステップを進めることができそうです。
それにしても、隣接する相馬市を含めて「JAそうま」だったり、道の駅では相馬と銘打った商品が並んでいると、今まで無縁だったのがおかしいほどの既視感を覚えますし、これから交流に踏み出せることに喜びを感じます。

ところで、その民宿の方が住まれていたのが、今回現地を視察することになった小高区です。
今年度に入ってから避難区域から解除されて立ち入りが可能になったのですが、1年も経ってのことだけに帰宅する人はほとんどいないようで人通りがほとんどないのは2月に見た飯館村同様でしたが、駅前では地震そのものの被害で倒壊した建物がそのままになっていて、まさに時間が止まっているようでした。

IMG_4828

そこから海岸線に近い福浦小学校に行ってみると、ちょうど埼玉から来た在籍していたという初老の方と出会い、当時の様子や親族の被災の状況などを教えていただいたばかりか、土地勘があるのを頼って海岸まで案内してもらいました。
防波堤が崩れ、ずーっと続いていたという松並木はほとんど流され、地震による地盤沈下で海抜マイナスになってしまった田んぼは広々とした湖のようになっていて、津波の被害の甚大さもまざまざと見せつけられました。

IMG_4840

そして、海岸から見える南側の小高い丘には次の原発設置予定地を示す表示塔があり、かすんで見えませんでしたが、さらにその先にはあの福島第1原発があると思うと、身震いする思いでした。
地震や津波だけであれば、人々の衆知を集めて復興に立ち上がることができるのは野田村で実感していますが、放射能によって住むことができなくなり帰還するのをためらってしまう土地を生み出してしまった原発を許すわけにはいかないと、心から思いました。
それを経済や官僚の論理に屈して再稼働に同意してしまう人とは思いが違うのは明白ですから、民主党だとか自民党だとかにかかわらず個人として脱原発を唱える政治家以外支持しないつもりですし、私自身も反核反原発をオープンに主張していきたいと改めて誓います。

« ロマントピア天文台はもう一つイベント | トップページ | 「市民の歌」もノーですが、人格批判は許しません »

震災支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/54965043

この記事へのトラックバック一覧です: 南相馬との新たなご縁と考えたこと:

« ロマントピア天文台はもう一つイベント | トップページ | 「市民の歌」もノーですが、人格批判は許しません »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ