« 住民調査票で町会自治を実践 | トップページ | 全国の同志を弘前市に迎える »

2012.05.21

合併効果で金環日食観察会、大成功

2003年の火星大接近での対応が悪かったことを相馬村時代に指摘し、2009年の部分日食では天候に恵まれず集まりも悪かったことにガッカリと、どうもロマントピアでの天文イベントとは相性が悪い私ですが、性懲りもなく早起きをして金環日食(青森県では実際は部分日食)を観に出かけました。
臨時開館の6:00でしたが、天文台ばかりでなく中央公民館相馬館の職員もしっかりとスタンバイして交通整理にあたっており、それだけでも相馬村時代とは雲泥の差ですし、私からすればこれだけは合併していい方に変わったとうれしく思いました。

その時点でも30台近い自動車がかけつけており、マスコミ各社も勢揃い、最大の食となる7:44が近づくにつれて人数は増える一方で、貸し出し用に準備した観察眼鏡がなくなるほどでした。

IMG_4736

私は最大の食を迎えたところで娘の送迎のために山を下りましたが、唯一残念だったのは火星の時と同様、相馬地区の参加者がほとんどいないことでした。
せっかく天文台には天体観測のプロ・藤田栄一先生がかかわってくれているのですから、こういうことにこそ「まちづくり1%システム」で取り組むことを考えるべきかも知れません。

それにしても、今日は天気に恵まれて何よりでした。私の撮った、つたない写真をご覧ください。

IMG_4739

« 住民調査票で町会自治を実践 | トップページ | 全国の同志を弘前市に迎える »

イベント・まつり」カテゴリの記事

合併」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 住民調査票で町会自治を実践 | トップページ | 全国の同志を弘前市に迎える »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ