« 全国の同志を弘前市に迎える | トップページ | 相馬の公共交通実証実験、白紙に »

2012.05.31

野田村でスローなサポート

予定では翌日6/1に訪問するつもりでしたが、村との重要な打ち合わせが入ったので、ちょうど公休だった妻に満足な誕生祝いをしてあげてなかった罪滅ぼしに、チラシ配布の手伝いはあるもののお勧めのランチと探訪ツアーを楽しんでもらうため、一緒に野田村に向かいました。

お勧めのランチというのは、いつもの定番塩ラーメンではなく、日形井という山の中にある南部曲がり家の民宿「苫屋」さんのオーガニックなランチです。

IMG_0692

3/10に一度おじゃましたのですが、囲炉裏端で宿主の坂本さんご夫妻と語らいながらゆっくりといただくぜいたくは滅多に味わえないものですので、今回は夫婦で堪能することができました。

ただ今回時間が長引いたのは、それだけでなく震災支援にかかわる残念な話を聞き、そのことで津軽でできるサポートの話に及んだこともあります。
坂本さんたちが仮設住宅の方々と手づくり工芸品にづくりに取り組んだものを販売してくださっていた方があったのだそうですが、先日突然お礼の手紙もよこさないのかと怒られ支援が打ち切りになって落ち込んでいたのだそうです。
支援をしているということを自分たちの仕事の売り物にしていたそうですが、支援というのは見返りを求めるものであってはいけませんし、それが短期間で成果が得られるはずもありません。
そこから実際の作品を見せていただくことになったので、これなら「BUYのだむら」でお世話になっているところにお願いできると思い、サンプルを預かっていくことになりました。

この日は苫屋の前に同じ地区にある「アジア造形館」、午後は玉川鉱山跡である「マリンローズパーク」と、野田村の山の文化にふれるツアーになりましたが、具体的なプログラム以外に打ち合わせや告知のために月1回はおじゃまする機会がありますので、それにあわせて関心のある方を誘って、苫屋さんでランチを食べ野田村を知ってもらうツアーをするというのも、息の長い支援には必要なことだと思っています。
次はいつ、とは決まっていませんが、「動こう津軽!」サイトFacebookページで告知したいと思いますので、野田村に行ってみたいと思う方、チェックしていただければと思います。

« 全国の同志を弘前市に迎える | トップページ | 相馬の公共交通実証実験、白紙に »

震災支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/54881582

この記事へのトラックバック一覧です: 野田村でスローなサポート:

« 全国の同志を弘前市に迎える | トップページ | 相馬の公共交通実証実験、白紙に »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ