« 合併効果で金環日食観察会、大成功 | トップページ | 野田村でスローなサポート »

2012.05.28

全国の同志を弘前市に迎える

野田村での「ささやきの壁」活動を先に決めていたため、前日の自治体経営フォーラムには参加できませんでしたが、何とか懇親会が終わるのには間に合って、政治の師と仰ぐ北川正恭・元三重県知事にはごあいさつすることができ、続いての情報交換会の幹事役を引き受けていましたので、「あいや」で最近ご縁が続いている渋谷和生さんの津軽三味線を堪能していただき、談論風発な近況報告を重ねました。
翌日はローカルマニフェスト推進地方議員連盟の研修会で、青森県内でマニフェスト大賞の受賞経験者である三沢市「みさわ未来」の太田博之市議、石橋充志・八戸市議からの事例報告、そして昨年度グランプリの葛西市長からの講話と参加者との討論という、濃密な内容での研修に加えていただきました。

太田市議からは会派を結成するのに青森市で開催したマニフェストスクールが大きな刺激になったというエピソードがありましたが、同じく参加された会津若松市の目黒章三郞市議(現議長)がこれを契機に議会改革に取り組んで全国のトップランナーとなったこともあり、その実行委員長を務めた立場として改めて開催した意義を認めていただいてうれしく思いました。
続いての石橋市議の市長マニフェストを各課に聞き取りして点検評価するという取り組みは当選していたら取り組んでみたかったことでしたし、この機会に青森県が政策マーケティング委員会や総合計画のフォローアップで政策・事務事業評価の分野で先進的な取り組みをしていたことを紹介するために、決算時の事業評価と予算策定時の透明化に取り組むことこそ議会改革の本丸であると意見させていただきました。
葛西市長は、自らのマニフェストやアクションプランについては前日のフォーラムで話したのでと大震災後の対応から考えたこと取り組んだことを簡潔に話しましたが、その後の討論でも緊急時の議会のかかわり方やそのための体制づくりについて現地から学んだ議員側からの発言もあり、それを本音でぶつけ合う形になりましたので非常に考えさせられる討論となりました。

IMG_4775

参加者の多くは、議連での運営委員時代に一緒させていただいたメンバーでしたが、会うなり「元気でよかった」と私への心配を口にしてくれ、情報交換会やその後の席でも温かく叱咤していただきましたので、本当に再会できてよかったですし、その仲間に弘前市を訪ねていただく機会ができたことをうれしく思いました。
ただそのやりとりでも、議員はまずは当選してそこから自分の思いを実現するように動くべきだという苦言もいただきましたが、落選してからの方が市民の一人として市と協働しての活動ができているのは政治家としては一段上がった実感がありますし、マニフェストスクールで種をまいたことは、その後の「姿勢を変えるマニフェスト」づくりの際にもかかわった方から「吉田松陰のようだ」と評していただいたのと通じるものがあるだけに、当選するために現実主義を取るのではなく筋を通し続けて結果を得るやり方が自分には向いているし求められていると、改めて考えています。
それを認めてくれている仲間と再び活動できる日をつかむために、これからもがんばります。

« 合併効果で金環日食観察会、大成功 | トップページ | 野田村でスローなサポート »

政治活動」カテゴリの記事

政策・マニフェスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 合併効果で金環日食観察会、大成功 | トップページ | 野田村でスローなサポート »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ