« 役員会で清水の舞台から飛び降りる | トップページ | 素浪人2年目も野田村から »

2012.04.30

素浪人として、修羅として

GW前半の3連休の最終日、明日野田村で配布するチラシや来月の昴町会理事会の案内を作るといった仕事をしながら、ノンビリと素浪人となって丸1年の日を過ごしています。

いろいろと水面下ではあがいていたのですが、結局定職に就くことはなく、何とか市議1期分の一時金と震災支援の活動費で食いつないで、それは当面変わりそうにもありません。
週に1回の野田村訪問、月数度のステイサポートでの動き、週3回の陸上クラブのコーチを欠かすわけにはいきませんし、町会長として庶務をこなすことも思いのほか多く、これでフルタイムの仕事をすることは難しいだけに、自由に働くスタイルでで収入を生み出すものを作り出すしかないと思っています。
また、市議落選という見捨てられた存在と思いきや、高校同期会の会長、住んでいる昴町会の会長、娘の高校のPTA学年委員長と拾ってくださって立場を与えていただくことが重なり、自ら立つ生き方を周りの方々に改めていただいている過渡期にある気がするだけに、あわてて身を定めるべきでもないと構えているところです。

これは以前紹介したスティーブ・ジョブズにしてもAppleから一旦放逐される際にはすでにNeXT設立に動いていましたし、昨年経営破綻し今年になって『私、社長ではなくなりました。』で顛末を明らかにした同い年の安田佳生氏にしても「会社をつくることはありません」としながらも境目研究家そして失敗を語る立場に転身しているような、変わり身の早さが私には欠けていて、家族には相当の負担を強いているとは反省しています。
ただ、こんな高楊枝でやせ我慢している素浪人を、いまだに追い落とそうとしたり蹴散らそうとするお偉い方がいるのも一方の現実ですし、長慶会騒動や選挙における恩讐を超えて縁を重んずべき方もあるにしても、労働審判においても私のしてきたことを徹底的に否定しきった親を許すことはありませんし、戦い続ける修羅の道を歩んでいくために、今は誰が敵(かたき)であるのか見極める時でもあると思っています。

それでも最近は、心配して声をかけてくださる方、まっすぐに間違っていると意見してくださる方、再起を励ましてくださる方、本当にありがたい思いをいただくことが増えていますし、野田村の方々の笑顔や15人の陸上クラブの子どもたちの元気に励まされていますので、これからも自分の信じる道を愚直に進んでいくつもりです。

« 役員会で清水の舞台から飛び降りる | トップページ | 素浪人2年目も野田村から »

思い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 役員会で清水の舞台から飛び降りる | トップページ | 素浪人2年目も野田村から »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ