« 泣き笑いの「津軽衆の日」 | トップページ | 1年前の悪態の責任を取る »

2012.04.10

試行錯誤の町会長10日目

4月に暦が変わり、昴の町会長となって10日となりました。
就任初日となる1日に理事会の開催案内を13人の理事に配布することからはじまり、4月にあわせて引っ越してきた新住人にあいさつがてら資料を届け、7日夜には最初の理事会を行い、昨夕その報告などをまとめた町会だより「プレアデス通信」を最初ということで全戸に配布し、一緒に配布した回覧物が足りなかったのを朝イチで届けに行いつつ、それ以外の庶務も細々とあって、思った以上の仕事量です。

何といっても理事会には、道路維持課に入口閉鎖のこと、東北電力には集会所の電力契約の見直しのことで足を運んで説明を受け、総会で表明したマニフェストも開催案内とともに配布するという用意周到な態勢で臨んだのですが、予定を30分オーバーする熱心な議論が行われて、開放することになるかと思った入口の件は安全重視で閉鎖を継続することになり、マニフェストではネットでの情報発信は不要の声に押されて削ることになり、一方で住民調査票は情報提供の範囲を班全体までという選択肢を増やすといった、思いがけない結論となりました。
これは、相馬村時代に「プレアデスのまち」として102区画が宅地造成され、それが新しい暮らしとまちづくりをめざした方々によって即日完売したところからスタートした歴史が息づいているため、何ごとも話し合ってみんなで決めていくというルールが確立しているからです。
6年前に引っ越してきて、同じ相馬でも旧いしきたりの中で暮らしてきた立場として新鮮な驚きを感じたものですが、町会長に推していただいたとはいえ独断専行とはいかないところに、改めて気風を実感することができて、逆にうれしく思いました。

そんなこんなで手探りで頼りない町会長ですが、他の町会ではできない、ましてや市議ではできない直接自治の場で勉強させていただき、自分の糧にしたいと思います。

« 泣き笑いの「津軽衆の日」 | トップページ | 1年前の悪態の責任を取る »

まちづくり」カテゴリの記事

昴町会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 泣き笑いの「津軽衆の日」 | トップページ | 1年前の悪態の責任を取る »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ