« 試行錯誤の町会長10日目 | トップページ | 新生陸上クラブ、上々の2年目スタート »

2012.04.12

1年前の悪態の責任を取る

遡ってみましたら一度もBlogに記していませんでしたが、昨年4月に娘が弘前中央高校に入学したのですが、入学式後のPTA役員の話し合いにかかわったせいで監査委員および研修委員会に所属するはめになり、1年間さまざまな形でかかわってきました。
入学式後の初顔合わせの場面で役員を選んで即学年委員長まで決めるというのは無理があると言いつのり、翌日に東日本大震災の最大の余震で丸1日停電する事態であったのに市内の小中高で唯一コミュニティFMでの連絡がなかったことを強く非難するなど、自分の高校時代とは大違いの枠にはまったような校風になじめなかったとはいえ、受ける学校側からすればモンスターペアレントの権化のような悪態にたじろいだことだろうと思います。

ただ、昨年度のPTA会長が城東学園時代からご縁のある斎川さんでしたので、研修員会では副委員長に指名され、そのおかげで野田村への研修旅行を提案したのを実現してもらうことができ、一方では地区研修会での報告者を任されるといった形で目立って動くことになったこともあって、役員の皆さんから一目置かれる立場になりました。
また当初は腫れ物に触るようだった学校側も打ち解けてきたばかりでなく、緊急時の連絡システムを構築したり、今年度は入学式後ではなく委員会は今日まで考えてきてもらって組織会で決めるといった具体的な改善までしてくださったので、1年前の居丈高な態度を反省することしきりでした。
こういう状況の中、学年委員長から活動に欠席がちになるので辞退したいという話が組織会で出され、斎川さんからぜひにという「遺言」があったので、自分でもこの1年の悪態のおわびとPTA活動から得るものがあるという手応えから、学年委員長を引き受けることにしました。

相馬での小中PTAでは、先輩方が村議を務めているだけに学校では一兵卒としてかかわるようにと計らってくれたので無役できましたが、2年の学年委員長イコールPTA副会長は来年度には会長という大役が待ちかまえているものですから、今までにはない重みとそれだけの経験をさせていただける機会があるだけに、心して向き合いたいと思います。
それにしても、高校同期会の会長、町会長に続いて学年委員長と,今年に入って3つも推していただいて役に就くという今までにない経験をしているのは、まさに自分にとってのパラダイムシフトがおきている気がしています。

« 試行錯誤の町会長10日目 | トップページ | 新生陸上クラブ、上々の2年目スタート »

PTA・同窓会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 試行錯誤の町会長10日目 | トップページ | 新生陸上クラブ、上々の2年目スタート »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ