« 動こう津軽!、2年目に向けた課題 | トップページ | 試行錯誤の町会長10日目 »

2012.03.29

泣き笑いの「津軽衆の日」

土岐司先生が野田村にはじめて入ったのが25日、それが「津軽衆有志野田村支援隊」のスタートとなり、市が支援する形で最初の大型バスが向かったのが31日でしたので、津軽からの支援も1周年となります。
私も31日にはじめて野田村に入り、それがここまで続く支援の第一歩になりましたのが、一緒に行った横笛奏者・佐藤ぶん太、の笛の音につられて子どもたちが集まってきた光景はいまだに忘れられません。 < /p>

それを記念して、ぶん太、と「津軽の文化教室」で一番好評だった津軽昔コ村の皆さんによる昔話、加えて昔懐かしいポン菓子の古川昭さんにも一緒してもらって、「津軽衆に日」としてイベントを開催しました。

午前中は野田中仮設住宅集会所、午後は野田村総合センターで、当日打ち合わせたとは思えない当意即妙の進行をぶん太、が仕切ってくれ、4人の語り部の皆さんもそれぞれ持ち味を出した語り口で笑わせてくれました。
そして、佐藤ぶん太、は津軽の囃子ばかりでなく自分のオリジナル曲から昨年子どもたちが集まってきた思い出の曲「希望の粒」、さらに午後の最後には私からのリクエストで津軽藩士殉難の歴史にインスパイアされて作った「祈り」を追悼の思いをこめて吹いてくれました。
この曲でいつも泣いてしまうのですが、3.11の追悼演奏でもやってほしかったのがかなわなかったことも思い出し、野田村との1年のかかわりで自分が救われていることに感極まってしまい、ステージのぶん太、が鼻水をすする音が気になってしまうほど泣き尽くしてしまいました。

野田村の皆さんの中にも涙するする姿があり、帰り際にもたくさんのお礼の言葉をいただきましたが、これからが本当の意味でのかかわりを持てるかどうかの試金石だと思います。
ちょうど28日に中央共同募金会の第6次助成で4月からの活動に満額回答での助成採択の速報がありましたので、新たな気持ちで「遠い隣村」に通い続けたいと思います。

« 動こう津軽!、2年目に向けた課題 | トップページ | 試行錯誤の町会長10日目 »

震災支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 動こう津軽!、2年目に向けた課題 | トップページ | 試行錯誤の町会長10日目 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ