« 交流の集い、確かな第一歩 | トップページ | 小田村長の涙、自分の涙 »

2012.02.29

原住地へ、1500kmの旅

「弘前ステイサポート」の大きな柱として、避難移住された方がの原住地を訪問し、現地の担当者と情報交換するとともに私自身が現地を肌で感じることで今後の支援に生かすことをうたっていますが、2/27〜29の3日間で岩手県大槌町、宮城県石巻市・仙台市、福島県福島市・川俣町・南相馬市・郡山市・いわき市の8自治体、1500kmの道のりを回ってきました。
そこで見聞し、感じたことをまとめておきます。

まず最初に私にとっての震災支援の原点・大槌町へ、いつもの釜石回りではなく山越えの県道を選択し雪で難渋してしまいましたが、峠を越え中心部まではまだまだ遠いところにさっそく仮設住宅が何ヶ所も立ち並んでいました。
プレハブの役場で説明を受けてから、せっかくの機会なので弘前市出身の鎌倉幸子さんが統括するシャンティ国際ボランティア会の移動図書館の拠点「かねざわ図書室」を訪問しましたが、中心部から15kmも奥まった廃校を利用していて、そこにまで仮設住宅がある現実に、避難所生活の頃から復興が進んだと言えるのかという思いが募って、涙がこぼれました。

IMG_4268

大槌町から国道45号線に乗って石巻に向かいましたが、途中陸前高田市や南三陸町では海岸線を走ることになり、見たこともないほどの壊滅的被害に言葉を失いながらも、現実をとらえておくために途中途中でシャッターを切りました。
おかげでデパートをリユースしている石巻市役所で話を聞いたのは16:30を回りましたが、対策室長から被災の全景が見渡せると教えていただいて、日和山から夕暮れの景色を収めることもできました。

IMG_4283

二日目は仙台市、そして午後から一番多くのステイの方々の原住地である福島県に入り、それぞれの自治体での放射線対策を聞きました。
内陸の福島市ですら全戸除染という途方もない作業を5年がかりで進めることになるそうですが、担当の職員がふるさとを守る思いを熱く語ったり、理性的に状況を説明して安全だと話したり、避難している人たちに帰ってきてほしいけど各々の気持ちもわかるので強く言えないという人間味あふれた心情を吐露したりと、それぞれ違いはあっても本当に一生懸命取り組んでいるのを感じました。
また初日の夜は仙台市で先頭に立って復興に取り組んでいる菅間進県議、二日目には南相馬市の子どもたちに少しでもリフレッシュの機会を作るための「こどものつばさ」プロジェクトでご縁をいただいた代表の西道典さんたちと歓談してきましたが、現地に住み現地で復興を進めていく立場の方々の強さを肌で感じることができました。

ただ、ステイの方々は小さい子どもを抱えた家族が多く、先日の鶴見實先生も影響があると思って行動すべきだと話していたとおり、不安や親としての責任を感じて避難を選択するのは間違っていないと思いますので、その思いを受けとめたかかわり方をしていこうと思っています。
それにしても、津波の被害も放射線の不安も行ってみなくてはわからないことですし、現地での民間支援につながる情報もいただきましたので、ハードな分得るものも多い3日間でした。

« 交流の集い、確かな第一歩 | トップページ | 小田村長の涙、自分の涙 »

震災支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 交流の集い、確かな第一歩 | トップページ | 小田村長の涙、自分の涙 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ