« スーパー行政マンから久々に学ぶ | トップページ | 「隣村」と4日で3往復しながら思うこと »

2012.01.21

ステイサポートのミッション

東日本大震災による弘前市内への避難・移住された方々への支援を行う「弘前ステイサポート」にも取り組んでいるのですが、かかわる方々のプライバシーそれも非常に重い課題を突きつけられるような現実に直面することもあり、野田村での支援交流のように軽々にオープンにできるものとは思われず、これまで活動した表層だけをネットでふれるにとどまっていました。
ようやく、この分野での支援の方向や取り組むべきミッションがはっきりしてきましたので、今日はそれをお知らせしておきたいと思います。

今日、青森市で避難・移住された方々同士の交流会「つながろう会」の代表をされている方と会うことができました。
この会のことは、地元紙の元旦特集記事で知ったのですが、純粋な民間での活動というだけでなく当事者による活動だというので驚きましたが、11月から交流会を開き平日と日曜日では会の進め方を変えたりしながら、少しでも日頃のストレスを解消し話したり笑ったりできる場を作ってこられたことに、ただただ感服しました。
この動きに対し市や県でも対策室がサポートをはじめたのは何よりですが、住宅や雇用などのことでの注文があっても担当部局に個別にあたるしかない状況は変わりがなく、それを支援してくれるNPOなどが見あたらないことも不安であるとのことでした。
弘前市の場合は、私たちの外からの支援が先に動き、これから集いの場などを通じて当事者同士のつながりができてくるはずですので、ちょうど正反対の進み方になっているわけです。
これは、どちらがいいという問題ではなく、それぞれのアドバンテージを他でも生かすように情報交換や直接の交流の機会を増やしていくことが必要だと思いましたし、青森市でのサポートに関しては私から知己に働きかけたいと思っています。
また別に八戸市では青森県男女共同参画センターがサポートする形で集いがはじまったと聞いていますし、それには政策マーケティング委員会で一緒した小山内世喜子さんが取り組んでいますので、三市での連携から県内のネットワークへと進めていくことが、この支援での大きなミッションだと思っています。

もう一つ、「つながろう会」の代表と意見が一致したのは、外からの視点で見て気づく行政課題があるので、それを市政改革に役立てることが避難・移住者を受け入れた自治体のプラスになるはずだということでした。
これは、被災者向けの緊急雇用の受け入れに関するトラブルを聞いたり、自宅でない場所での面談をするために交渉してみて閉鎖性を感じさせる対応をするところがあったりということから痛感していましたが、今日は同様な施設があるところから見たアウガ問題も話題になるほど、中の人間だけでは堂々めぐりの問題に風穴を開けるきっかけを持っている大事な(民俗学的意味での)「異人」なのです。
それを生かすためにも、受け入れてもらっていることだけでも引け目を感じざるを得ない当事者が行政に直接もの申す形ではなく、仲立ちをする代弁者の存在は必要ですし、その役割を果たしていかなければならないと改めて思いました。

当事者と行政・関係機関との橋渡しをすること、さらに県内でのネットワーク化を進めサポートしていくこと、これが弘前市の枠を超えたステイサポートのミッションです。
そのためにも、プライバシーに配慮しながらも、これからはできる限り多くのことを皆さんに伝えていきたいと思っています。

« スーパー行政マンから久々に学ぶ | トップページ | 「隣村」と4日で3往復しながら思うこと »

震災支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スーパー行政マンから久々に学ぶ | トップページ | 「隣村」と4日で3往復しながら思うこと »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ