« FORETに涙雨 | トップページ | 今年の縁、30年目の縁 »

2011.12.03

若き同志へのエール

今日の地元紙で、二つの議会にかかわるニュースが報じられていました。
大きく取り上げられていたのは、2月まで市議会でずっと同じ会派を組んでいた斉藤爾県議の「脱原発」発言で、市民ジャーナリスト・小山内頼人さんのBlogによれば直後から同じ自民党会派の古参議員に絞られたようで、本人も離党覚悟とも報じられています。
斉藤県議は、市議時代にも相馬前市長を激怒させる質疑をしたり、その返り討ちで問責決議を二度も受けた、私以上の武闘派ですし、この発言は小山内さんたちへのアンケート回答からぶれていないとおり突発的に出たものではありませんので、意を決してのものと思います。
自らの立場を危うくしても、言うべきことを言うのが議員の本分ですから、同じく脱原発・すべての原子力施設の即時停止をすべきと考える立場からも、この姿勢を貫いてほしいとエールを送ります。

もう一つは小さな記事でしたが、7人の市民クラブが4人と3人に分かれたのに続いて、今日は「4人組」の仲間であった伏見秀人さんと、私と議会改革を年初から議論してきた新人・菊池勲市議とで会派結成というニュースでした。
伏見さんは有能なビジネスマンらしいアンテナを張って鋭い切り込みをしてきた方ですし、菊池君も議会改革をするには会派から発言行動すべきだということで半年で切りかえるという果断な決断をしたわけですから、この会派のエネルギーが議会を動かすテコになってくれることを期待したいと思います。

ステージの違い、立場の違いはありますが、縁ある人材が自らの思いを行動に表しているのはうれしいことですし、外からできる限り応援したいと思います。

« FORETに涙雨 | トップページ | 今年の縁、30年目の縁 »

政治活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FORETに涙雨 | トップページ | 今年の縁、30年目の縁 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ