« 野田村からの贈りもの | トップページ | 昇龍の年に »

2011.12.25

長慶会へ、義のプレゼント

野田村とのご縁、さらには本当に私のことを見守って応援してくれる人は誰なのか見えてくるという大切ものを得た代わりに、地域のために福祉の仕事をするという立場も親不孝者というレッテルによって市議の地位まで失うことになったのは、言うまでもなく長慶会騒動によってです。
FacebookやTwitterでは断片的にふれてきましたが、このたび12/21付で労働審判の申し立てという司法の場での解決に踏み切りましたので、この一年間の経緯と私の思いを明らかにしておきます。

長慶会に対する県の指導により、3月に新しい理事・評議員が選任され、岩木地区の社協会長を務めている対馬伴成氏が理事長に就任しました。私にしても旧知の方であり、前理事長の旧友とはいえ理性的な判断ができる人物と信じて、陣容が固まったところで今回の騒動の最中に強行された私の職員としての解雇は無効であることなどを検討していただくことなどを申し入れしました。
落選直後の4月末に、対馬理事長と相馬地区から選任された三上鶴雄理事と三者会談を行いましたが、最初から労働審判や刑事告発をちらつかせた文書は脅迫そのもので全員憤慨していること、また内容そのものも新任の自分たちには過去の問題で判断のしようがないので司法の場に委ねるのならそれもけっこうという線を一歩も出ずに終わりました。
選任から半年となる9月ともなれば判断してくださるだろうと再度の申し入れをしたところ、評議員会で事情を聞くという返答があったものの、その1時間のやりとりでは独善的だとか親子喧嘩だろうとかいう表層的な批判は浴びせてくるものの法の下の正義に照らしてどうかという判断にもとづいたやりとりはまったく行われませんでした。
その後1ヶ月を過ぎても申し入れに対する回答がないため信頼する弁護士に同断して労働審判に踏み切ることにし、同時に長慶会に最終通告を突きつけたところ、自分たちでは判断つきかねることなので司法の場に委ねたいという回答が理事長直筆で返ってきたので、このたびの申し立てとなったわけです。
これによって争うのは、私の職員としての解雇が無効であることのみであり、それが3回の審理によってスピーディーに判断が行われることになり、当然私は勝って戻ることになる手はずです。

私としても、選任された対馬理事長以下の役員の方々に一片の恨み辛みがあるわけではありませんが、自らの責任において物事の善悪を判断しないという姿勢、さらには介護保険時代の経営者としてのマネジメントが求められる立場にありながら何の方針も示そうともしない方々には、この審判を機にご退場いただきたいと思っていますし、その程度の指導しかしない県にも責任を問うつもりです。
一方、役員が経営方針を示さないことや以前からのの対立に嫌気をさして離職する職員が後を絶たない現場の現実がある中、私が復職することになれば当時反旗を翻した面々にはいたたまれないことになるでしょうから、一時的に混乱が増すことは私としても覚悟しています。
しかし、長慶会そして長慶苑がやろうとしてきたのは単なる介護事業所ではなく、相馬地区の中で地域とともに利用者本位のサービスを行い、パイオニア精神を持ってプロ意識問題意識を持った職員を育成するという、困難でも崇高な大義を掲げて取り組む拠点を作ることにあるのですから、それがイヤだというならやめてもらってけっこうです。

他からどう見えるかはともかく、私にとって一番重要な義を貫くこと、その決着をつけるのが来年最初のミッションですので、そのもらう側にはうれしくない義のプレゼントを差し上げておきます。

« 野田村からの贈りもの | トップページ | 昇龍の年に »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 野田村からの贈りもの | トップページ | 昇龍の年に »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ