« 明日また生きるぞ! | トップページ | 野田村からの贈りもの »

2011.12.22

よきクレーマーとして

昨日まで5日連続で朝の雪かきをしていましたが、私ばかりでなくご近所からもネットでも除雪出動のちぐはぐさに不満が聞かれましたので、市のホームページの「お問い合わせ」から道路維持課に質問を寄せたところ、昨日のうちにしっかりと回答をいただいたばかりでなく、詳細な部分での説明をしたいとのことでしたので、今日は出動しない分ホッとした雰囲気の維持課におじゃましました。
ちなみに、私からの質問とそれに対する回答は下記のとおりです。
--
この5日間の0:00時点での積雪と出動判断はどうであったか。

この5日間は、市が道路状況の調査や気象情報を基に出動を指示しております。例年、雪の降り始め期間(今年は11月9日から12月20日)は、出動のばらつきを防止するため市が出動を判断し各工区に指示しております。
17日 市内の道路状況を調査後、全工区に出動を指示
18日 前日の除雪実施による道路状況と気象情報により出動なし
19日 道路状況を調査後、郊外部の工区の出動を指示
20日 道路状況により山間部のみ出動を指示
21日 道路状況を調査後、全工区に出動を指示

明け方の急な降雪に対しては、何時までに出動するといった基準をもうけているか。

出動基準は設けておりませんが、早朝の降雪への対応は必要と考えております。このため、今冬は、道路状況に応じ、交通渋滞を引き起こしにくい路線については、日中除雪により対応したいと考えております。

昴地区は今日未明1時台の除雪であったが、こうした早い時間に除雪した地区で明け方まで降雪があれば再度の除雪をするのか。

各工区の除雪機械は、基本的に午前1時から午前6時までの5時間で作業を終了できる台数を配置していることから、現状では、再度の除雪は困難と思われます。

--

これをベースに板垣課長・阿保課長補佐と1時間ほどやりとりさせていただきましたが、こういう情報を市民に理解してもらうためには、ネットでの情報が必要ではないかとたずねたところ、担当の職員から広報11/15号で除雪情報サイトやメール配信などの記事を載せたことを説明されましたが、これは2008年から行われたICTモデル事業を継続発展させたもので、質問しておいて追跡していなかった不明を恥じることになりましたので、この機会に市民の皆様にも登録活用していただきたいと、お知らせしておきます。
また排雪のことがネットで質問が上がっていましたので聞いてみたところ、除雪計画の中で大まかな基準を定めているものの、情報を出すことに関してはそれに便乗して屋根雪を道路に下ろしたりする方がいたことも少なくなかったので公開しなくなったという話になり、市民側のモラルを変えないと解決しない部分があることを感じました。
この他、私の住んでいる昴地区だけが相馬支所の直営エリアでないことも取り上げ、地域の一体性のためにエリア区分を来年度でも見直してほしいということも伝えておきました。

今回のやりとりは、終始なごやかな中でお互い前向きな懇談をすることができましたが、こうやって時間を割いていただけるのは前市議としてのキャリアがあればこそですし、その立場を失っても市民生活を向上させたいという思いは変わりませんので、これからもよきクレーマーとして向き合っていきたいと思います。

« 明日また生きるぞ! | トップページ | 野田村からの贈りもの »

弘前市」カテゴリの記事

暮らしと仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日また生きるぞ! | トップページ | 野田村からの贈りもの »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ