« 新生陸上クラブの1年に感謝 | トップページ | 木村事務所は大人の対応 »

2011.10.25

政治改革の大義と良心をもって機先を制す

今までの政治の世界ではきっとタブーですが、「木村派の圧力」ということが何度も報道され、それが来月20日と決まった藤崎町長選の大きな争点である状況に鑑み、そしてその木村衆の一員であった者としての良心に沿って、皆さんにお知らせしておきたいことがあります。

昨夕、木村事務所の大番頭である八木橋兼光秘書から久しぶりに電話をいただきました。内容としては、東京事務所の木村晴男秘書が帰省するにあたり久しく会っていないのであいさつにおじゃましたいということでした。
力なく落選した素浪人のところに、木村事務所の両巨頭がおこしになるというのは畏れ多い話でありますが、最近の私のBlogやネットでの意思表示を受けてのことであれば、場合によっては私自身が「木村派の圧力」を実感する場になるやも知れません。
それにもかかわらず来訪を受けることにしたのは、現実に起きることをお伝えするのをここで表明しておいて、何があってもオープンにして密室での政治を変えるという改革のきっかけにしたいと思っているからです。

そして、もう一つ木村衆の一員として、最後まで良心をもって信じていたいエピソードがあるからです。
合併した最初の弘前市長選において、私は木村陣営が推す現職ではなく別の候補を支持することを明らかにして動いていました。
ある機会にこの件で木村太郎代議士と膝詰めで談判することになり、30分もの間意見を交わしましたが当然相容れることなく物別れに終わりましたが、別れ際に太郎代議士は「今回は戦うことになるが、直樹さんとは長い友情がある、終わったらまた一緒に」という言葉を残してくれ、その言葉どおり私はその後も木村衆として活動することを許されてきました。
落選後に一番心配してくれたのを態度に表してくれたのは太郎代議士だったのは紛れもない事実であり本当に感謝していますが、今回の件でも寛恕の心を持って私にも、そして何より一番長く接している智高さんにこそ再結集の蜘蛛の糸を残しておいてほしいと思うのです。

政治のあり方をオープンなものに変えること、選挙という戦いを経て良心をもってノーサイドとし政治の世代交代を進めること、この二つのテーマにぶつかる藤崎町長選であるだけに津軽の政治を大きく左右するものだと思いますし、今日の来訪もこの流れの一つに位置づけられるものだと心しています。
それだけに、八木さんにも晴男さんにも覚悟してお越しいただきたいと、機先を制してお伝えしておきます。

« 新生陸上クラブの1年に感謝 | トップページ | 木村事務所は大人の対応 »

政治活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新生陸上クラブの1年に感謝 | トップページ | 木村事務所は大人の対応 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ