« ジョッパル再生と「対話と創造」 | トップページ | 檜槇委員長、おやめなさい »

2011.10.03

僭越ながら、藤崎町民の皆様に告ぐ

明日、隣の藤崎町で小田桐町長不信任を受けて解散となった町議会選挙が告示となります。
このような仕儀となるまで町政が混乱した経緯については書くと切りがありませんし、その真実がどこにあるのか知る立場にないので踏みこみませんが、よもやの不信任再決議となることはあってはならないと思うだけに、この機会に藤崎町民の皆様に訴えたいと思います。

小田桐智高町長とのご縁は、私が初めて村議選に立候補した際に同年代の議員仲間として木村太郎代議士が事務所開きに連れてきてくださったのが最初で、太郎代議士の選対本部や若手政治家の勉強会「WINGあおもり」などで一緒する機会が多く、その中でも智高さんは政治改革への思いやITへの向き合い方で共通項があり、私にとってはずっと兄と慕う存在でした。
町議から藤崎町長となり、常盤村との合併をスムーズに進めてきましたし、トップに立つ政治家としてスケールアップした姿に感銘を受けるばかりでなく、当時の合併で背を向けられた金澤弘前市長には応援できないと言われたことで、政治家としてのプライドそして自ら立つべきところをしっかり持つ大事さを示していただいたのを今でも鮮明に覚えています。
それだけに、町の発展を考えてのさまざまな計画や進め方を検討してきたものだと信じていますし、選挙応援で偏らない姿勢を見せたのも町を思ってのことであって、巷で言われるように反木村に転じたものではないと、同じようなことをしてきた者として理解しています。

このような傑出した政治家をお家騒動に引きずりこんでしまうことこそ津軽の足ひぱりだと思いますし、一つの町だけの問題でなく津軽の政治の未来を閉ざすことだと思うだけに、黙って見過ごすわけにはいかないのです。
どうか藤崎町民の皆様には、真実がどこにあるのか未来はどちらに開けていくのかを重々考えていただいて、懸命な判断をしていただきたいと思います。

« ジョッパル再生と「対話と創造」 | トップページ | 檜槇委員長、おやめなさい »

政治活動」カテゴリの記事

コメント

小田桐 智高という人間をよく理解していただき、こうしてみなさまに訴えて下さっていることに対し、一言お礼を申し上げます!!ありがとうございます!
私は彼の近い存在ではありますが、それを抜きにして彼を一人の政治家として評価するならば本当に町の発展を純粋に願ってのいつもの考えや行動力には何十年も傍で見てきた今でも驚かされる毎日です。本当に町民のみなさまには今まで小田桐 智高が町の発展のために気づいてきたことを今一度振り返ってみていただきたい!!そしてこれからもっともっとよくなる町の姿を託していただきたいと切に願うばかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/52902547

この記事へのトラックバック一覧です: 僭越ながら、藤崎町民の皆様に告ぐ:

« ジョッパル再生と「対話と創造」 | トップページ | 檜槇委員長、おやめなさい »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ