« 卍フェスティバルで出会う人、出会わない人 | トップページ | ジョッパル再生と「対話と創造」 »

2011.09.25

「ちゃかしっこ」、最高の発進

当初は高齢者対象のサロンサポートをもくろんだ「動こう津軽!」の生活支援プロジェクトですが、実施にあたっての話し合いの中で、高齢者・障がい者はフォローできるとしても仮設住宅での生活で一番ストレスを抱えこんでいるのは小さい子どもを育てているママさんたちなのに、それを発散させる場がないという課題が浮き彫りになり、そこにも取り組むことを安請け合いしました。
実際にあたってみたところ当てが外れてしまいましたので、福祉の世界でのご縁を頼って弘前厚生学院に相談に乗っていただき、併設されているみどり保育園が市内で実施している「移動おもちゃ館」の取り組みをベースに協力してくださることになりました。
勤務表ができてからの依頼で、この3連休初日には卍フェスティバルでの稚児行列もあるというのに、3人の保育士さんが行ってみたいと希望してくれ、案内のチラシまで作成して自分たちの活動を「ちゃかしっこ」(津軽弁であわてんぼうの意味)と名づけて臨んでくれました。

Img 3617

野田村でイベントが開催される日にぶつかったにもかかわらず、開催した野田中仮設住宅ではないところからわざわざ参加してくれた方、大震災後に生まれた赤ちゃんを連れた方や孫世代のにぎやかな声に誘われたお母さん方も顔を出してくれる集まりになり、その中で「ちゃかしっこ」の3人は歌や手遊び、体操とバラエティに富んだ楽しいパフォーマンスでみんなを笑顔にしてくれました。
これだけでも十分だったのですが、帰りの車中では子どもたちと接しながら表立っては見せない大震災の心の傷を感じ取る観察眼を持ってかかわっていたことがわかり、楽しいスタートを切った分次回からの取り組みに向けた反省を話し合うことに時間を取っていて、これだけの力量を持った保育士集団に協力してもらえることに感謝し、本当に最高の発進となったとうれしく思いました。

今回は日程をあわせて「チームオール弘前」の弘大生も協力してくれましたが、福祉の専門性を震災支援で発揮する場を作るという目的に沿って、来月はその卵である厚生学院の学生にも参加してもらえる調整をしたいと思いますし、YOSAKOIがさかんである野田村との交流には学校をあげて取り組んでいる厚生学院には他にはないチャンスがあることなど、同行した大森事務局長と次に向けての話し合いをしながらの帰途となりました。
野田村への支援であるとともに、福祉の人材を生かし、そして学ぶ場にもなる「ちゃかしっこ」の活動、大事にしていきたいと思います。

« 卍フェスティバルで出会う人、出会わない人 | トップページ | ジョッパル再生と「対話と創造」 »

福祉と介護」カテゴリの記事

震災支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/52833455

この記事へのトラックバック一覧です: 「ちゃかしっこ」、最高の発進:

« 卍フェスティバルで出会う人、出会わない人 | トップページ | ジョッパル再生と「対話と創造」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ