« お国ことばでつながる野田と津軽 | トップページ | 「ちゃかしっこ」、最高の発進 »

2011.09.23

卍フェスティバルで出会う人、出会わない人

弘前城築城400年祭の集大成といえる「卍フェスティバル」が、この二日間開催されています。
メインは午後からの土手町でのJIDAI行列ですが、観光館広場での「感謝祭」のオープニングで花嵐桜組が演舞するというので、開会にあわせて顔を出しました。

IMG_3585

花嵐桜組と飛馬の星がお山参詣を2008年同時にテーマにしたのが縁でおつきあいさせていただいていますが、今年6月の「花火の集い」の際に野田村からの招待の皆さんを私が案内していた際に演舞が席から遠すぎて見えなかったので、リーダーであるキャサリンこと小野郁子さんにお願いして間近で演舞してもらったばかりか次のステージまで歓談していただく形になり、その場で「野田村に行きます!」という宣言をしてもらったのを、8/28の野田村復興イベントで実現してもらったお礼を直接したかったからです。
キャサリンは今回のMCの中でも野田村に行ったことを感極まった表情で報告してくれ、チームとしても震災支援で演舞し続けることを語っていて、それにかかわった私も感激ひとしおでした。
また、出店のコーナーでは野田村の豆腐田楽をふるまうために、何度もお会いしている前田さんたち5人が来てくださっていて、ここでも再会することができました。

その後のJIDAI行列までにスタッフを務める方、見物に来られた方など多くの知人に会いしましたが、全然見かけなかった存在があります。それは議員の姿です。
元旦のオープニングイベントでも思いましたが、築城400年祭という市にとって空前絶後の大イベントを市民として楽しむのは当然のことですし、その予算を議決する立場として何が行われ市民がどう受けとめていたのかを実感することで事業評価に役立てるのが、議員たる者の責務であると思います。

一市民として見る側に回った400年祭ですが、長浜が400年祭を機に黒壁のまちづくりをスタートさせたように、弘前市にとっても来年からが大事なことですので、ここで出会えた方々とともに次の100年のまちづくりに参画していきたいと思います。

« お国ことばでつながる野田と津軽 | トップページ | 「ちゃかしっこ」、最高の発進 »

弘前市」カテゴリの記事

震災支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/52817914

この記事へのトラックバック一覧です: 卍フェスティバルで出会う人、出会わない人:

« お国ことばでつながる野田と津軽 | トップページ | 「ちゃかしっこ」、最高の発進 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ