« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011.08.17

「サロンサポート」で実現したいこと

弘前そして津軽からの野田村支援で、「動こう津軽! 」が新たな扉を開くことになりました。

野田村社会福祉協議会・地域包括支援センターと保健師の3者が地域でのサロンなどを展開しているのを支援し、内容の幅を広げるサロンサポートプロジェクトです。
詳しい内容は上記のリンクからご覧いただくとして、なぜこのプロジェクトを立ち上げたいと思ったのかをお知らせしたいと思います。

3/21に30名にも及ぶ有志で結成した「動こう津軽!」ですが、代表になっていただいた山内正三先生、「ホッと一息プロジェクト」を主導してくださった大竹進先生、被災者への接し方を講義してくださった下田肇先生といったDrメンバーがいることが大きな特色ですので、私を含めて医療福祉分野での支援が可能だと当初から考えていました。
何度か野田村に入っている中で、在介協の東北ブロック研修を通じて大震災以前から私を知ってくれていた地域包括支援センターの弍又みちさんとお会いすることができ、そこで地域福祉でのこれまでの活動と震災後の状況を聞き、そのサポートをするという形でかかわるチャンスがあると思い、実現するために日本財団に助成申請をして採択をいただいたのです。
津軽からのサポートが入ることで内容の面で幅が広がるとともに、これまで取り組めていなかった地区でのサロン開催といった職員の方々の活動が広がっていくことにつながれば、地域生活の再生に貢献する意義あるプロジェクトになるはずです。

こういう取り組みをしたいと思ったのには、福祉にかかわる人たちが一番ボランティアしていないという思いがあるからです。
確かに施設や団体を通じての職員の派遣は行われていますが、これはあくまで業務としてのことですし、「チームオール弘前」には一市民として毎週のように参加している方がいますが、自分の専門を生かしたボランティア活動を意味する「プロボノ」という形にはなっていません。
「動こう津軽!」としての活動では、写真復元プロジェクトでの長谷川正之さんや先日実施した「困りごと「あるある」相談会」の花田勝彦弁護士には、まさに専門職としてできることに取り組んでいただいているだけに、ケアにかかわる人材にも「プロボノ」としての活動をしてほしいですし、その場を作るのも自分の役割と思っています。
日常の業務の大変さは理解していますが、それは他の職業の方々も同じですし、自分の時間を費やしても震災支援ひいては社会貢献したいという思いがあれば、月に1回ボランティアとして活動するのは無理なことだとは思えませんし、社会を支える仕事をしている立場にありながら社会と向き合う活動をする人が少ないのは残念でなりません。

福祉の仕事をしていなくても、福祉を変えるアクションは続けていく、サロンサポートプロジェクトにはそんな思いも込めています。

2011.08.05

やはり進まない弘前市議会改革

私自身も横笛ギネス、野田村からのねぷた招待、そして連日のねぷた運行という楽しく熱い日々を過ごしていますし、津軽一円がまつりに包まれているため見過ごされていると思いますが、弘前市議会の改革が一向に進んでいないことが報じられています。

田中議長が示した議会改革・産業振興・まちづくりの特別委員会を設置するという案を議会運営委員会で協議したところ、議会改革については特別委員会ではなく議長の私的懇談会といった形式にすべきと主張する会派があり、協議は物別れに終わり私案は差し戻しにされたのだそうです。
前期の4年間、私は田中さんと友好的な関係で議員活動をさせていただきましたので、前回の議会改革についての話し合いでも懇談会で話ができず、公式な存在でないとされる会派代表者会議でも定数削減の話し合いがまとまらなかった経緯をふまえて特別委員会での協議をめざした気持ちは理解できますし、定数削減で私案も示さずリーダーシップのかけらもなかった藤田前議長とは雲泥の差だと思いますが、1票差で議長をさらわれた形の最大会派・憲政公明としては意地でも乗りたくないという思いなのでしょう。
そもそも、その会派には藤田前議長ばかりでなく、前回の任期末に議場へのiPad持ち込みに唯一反対し、政務調査費問題で懇談会が改革案をまとめたにもかかわらず廃止を動議提出して可決させた過去のある下山文雄議員がいるわけで、自分たちが主導権を握れない議会改革など進める気もないのでしょう。
議会改革をマニフェストに掲げた自分としても残念でなりませんが、田中議長には粘り腰での取り組みをお願いしたいと思いますし、心ある新人議員が決起した行動を見せることに期待しています。

ただ、外から眺める立場になってみると、議会改革は議会のためには必要なことでも、市民生活向上には何の意味があるのかという視点を見失っていたと痛感しています。
議論をし議決をするという重い役割がありますが、実際にそれを執行するのは行政の側の仕事ですし、重要な計画などは公募した市民も参加する審議会に委ねられ議会で文案を修正することなど起こりえないのが現実ですし、何世紀も前から続く議会で議論をするという意義はネット時代の21世紀にも必要なのかと見直す時期にきている気がしています。
弘前市で重点的にかかわっている野田村に足を運んだ市議というのは寡聞にして聞きませんし、さまざまな行事でも姿を見かけるのはホンの一握りですし、それ以前に議場で発言もしない議員がいるのも事実です。
議論そのものの意義を見直すとなると、議員というのは市民の代表として活動する存在であることがアイデンティティになる時代が来ると思いますが、皆さんは議員や議会に何を期待しますか?
ちょうど、葛西市長の仕事ぶりのアンケート結果が公表され、「評価しない」=9.1%で報酬カットなしで済んだという記事がありますが、これを議会に対して行ったらどうなるか、議員は考えてほしいと思います。

熱に浮かされて、少々厳しいことを書いてしまいました。お許しを。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ