« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011.07.31

横笛ギネスがめざすもの

昨年秋のプレイベントをはさんで、二年がかりでのねぷた囃子によるギネス記録挑戦は、3,742名という堂々たる人数で達成することができました。

私自身は実行委員会としての実務面ではほとんど協力することができませんでしたが、前日から弘前入りしたギネス公式記録認定員である23歳のショーン・カニーン君の応対役として、最初から最後まで彼と一緒に記録達成を見届けるだけでなく、これまでの取り組みや記録挑戦でめざしているものを伝えることで、ショーン君の琴線を動かすことには少しはつながったのではないかと思っています。
代表である当代一の横笛奏者・佐藤ぶん太、と挑戦を決めた時から話し合っていたのは、記録達成も大事だけど、この挑戦を通じてより多くの人、特に次代につながる子どもたちにねぷた囃子を覚えてもらい、みんなに伝統文化の大切さを実感してもらうことにつなげようということでした。
それが最初に弘前管工事業協同組合から横笛1,200本分となる塩ビ管を寄付していただき、それが全国団体からの4,000本の追加を呼び込んで、小中高校、大学や専門学校へ寄贈することができ、それをぶん太、をはじめとするメンバーが指導に赴いたり指導用DVDを作成するところまで情熱を傾けたのが、記録達成と横笛普及を同時にかなえることになったのですから、目標の4,000人には及ばなくても、それを超えて余りある成果だったと思います。
打ち上げの席で、組合青年部を代表して出席してくださった大伸管工業所の奈良岡隆人社長がこのことにふれ、管を切り出す苦労を横に置いて、今回の挑戦に自分たちをつないでくれたとして私への感謝を口にしてくださったのが、私としても一番うれしい場面でした。

まさに、築城400年を祝う記録を作っただけでなく、地域を挙げて記録に挑戦するという機運を生み、そして横笛の文化を次代につなげるという目標の出発点に立つことができたのですから、ここからが大事なところだと、佐藤ぶん太、だけでなく、私も実行委員の仲間たちも思っているところです。

2011.07.22

KIBOWがつなぐ国際漫画展

野田村での活動を終えて、はじめて国道45号線を北上し、八戸市に向かいました。
以前からネットを通じて親交のある大谷真樹さんがかかわって、KIBOWプロジェクトが主催する「KIBOW八戸」が開催されるからです。
大谷さんの起業塾のメンバーばかりでなく、スペシャルゲストで俳優の辰巳琢郎さんや参議院議員の世耕弘成さんといった方もわざわざお越しになり、私のテーブルにはさまざまなことで因縁浅からぬ小林眞・八戸市長が同席になるという状況で、2時間にわたって震災支援のこれまでとこれからを話し合いました。

Img 0428

私も最初のうちは弘前市からの野田村支援や桜まつり開催の話をしていたのですが、個人で「はちどりプロジェクト」をはじめたという大畑千恵子さんの話しに触発されて、オリジナルで動いた国際漫画展の話をしiPadで作品を見てもらいながら、小林市長には「はっち」での開催を無理押ししてみました。
これを前向きに受けとめていただいて、参加していた風張館長にもあいさつすることができましたし、盛岡市でアートにかかわっている方にも関心を持ってもらいました。
作品自体は、現在町田地区にある弘前市環境整備センター(清掃工場)プラザ棟で9月末までの長期展示をしていますが、そこから震災や原発さらには次の社会を考えていく雰囲気を持って観ていただくのとは少々違いがありますので、弘前市内での別の形での展示や各地での開催を進めていきたいものだと思っています。
漫画展の開催に関心をお持ちの方がありましたら、気軽に連絡ください。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ