« 野田村支援から交流への第一歩 | トップページ | KIBOWがつなぐ国際漫画展 »

2011.06.12

震災支援を点で終わらせないために

1日の写真復元プロジェクトからはじまって、4日から5日間の大震災国際漫画展、10日には弘大での活動報告会、11日には野田村での活動拠点となる「チーム北リアス」のプレハブ開所式、そして12日は最大の震災支援組織である「遠野まごころネットワーク」でお話をうかがい、午後から花巻「ゆいっこ」の僕らの復興支援フォーラムと、震災支援に明け暮れる毎日を過ごしていました。
これは弘前市としての官民協働での支援が形となったものと、胸を張れるだけの成果が上がったことをもっと詳細にお伝えしておきたいところですが、実際のところはここから先に進んでいくには大きな壁が待ちかまえていると、厳しい思いで兜の緒を締め直しているところです。

実は、この最中の2日に震災支援と防災啓発をテーマに「動こう津軽!」プロジェクトを市の仕事おこし事業に申請プレゼンするということにも向き合っていたのですが、11日に不採択という結果を受け取りました。
昨年度も「津軽すこやかネット」で不採択だっただけに、採択された先例に学んで雇用や事業の継続性といったことにも力点を置いたプランを出したつもりですので無念としかいいようがありませんし、行政だけではカバーできない避難移住者への中長期的なトータルな支援や自主防災組織結成や事業継続計画=BCPのアドバイスといった,これまで手つかずにきた分野に踏み込むことで、市にとってプラスとなるものだけに残念です。
「チームオール弘前」のように、定型での作業で市がバス代を出しての支援であれば継続も可能ですが、津軽衆有志野田村支援隊の土岐隊長にしろ私にしろ、自腹で車を走らせて必要なニーズを探り次の一手を打っていく活動をしていくためには、必要最低限の行政からの支援があってはじめて協働と言えると思いますが、そこまで市は本気ではないと思わざるを得ません。

それが11日の率直な思いでしたが、12日に遠野そして花巻を訪ねて、「まごころネット」の佐藤代表が行政とは連携せず自分たちで必要なことに取り組み、それができる体制をさまざまな支援をいただいて構築していると教えてくれ、花巻では「まごころネット」でも手の届いていない分野に細く深く支援しているという高橋博之県議の話を聞いて、官民協働の美辞麗句のもとに市頼みに陥っていたことに気づき、自分たちがやらなければならないと思うのであれば、自ら財源を求め支援してもらえるパートナーを探すべきだと思い直しました。
少しずつ現地の方々とのつながりが増えてきたところで「北リアス」で野田村に拠点を設置しましたので、点ではなく線そして野田村近隣まで含んだ面での支援に向けて、それを可能にする努力をしていくつもりです。

行政を頼るのではなく行政に頼られる存在になる、市議としてでは気づけない大事なことに気づきました。

« 野田村支援から交流への第一歩 | トップページ | KIBOWがつなぐ国際漫画展 »

弘前市」カテゴリの記事

震災支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/51946197

この記事へのトラックバック一覧です: 震災支援を点で終わらせないために:

« 野田村支援から交流への第一歩 | トップページ | KIBOWがつなぐ国際漫画展 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ