« 弘前発の震災国際漫画展 | トップページ | 野田村支援から交流への第一歩 »

2011.05.31

武雄市の樋渡市長に全面賛成

佐賀県武雄市の樋渡啓祐市長には、著書『「力強い」地方づくりのための、あえて「力弱い」戦略論』を拝読して以来、Blogやツイッターでの意見も注視してきました。

今回の大震災においても、誰よりも早く地域ごとの集団移住=タウンスティを提唱したとおり一歩先行く言動を見せてきましたが、昨日の「議会はボランティア行ってほしい。」そして今日の「不信任には反対。」ともに正論そのもの、全面的に賛成です。

この正論に引き合うものがあるせいか、Facebookで投稿直後に拝読して最初にコメントする形になっていますので、それを抜き出しておきます。
「地方の場合は高齢化が進んでいるので、現場での肉体労働は難しいかと思いますが、自分の得意分野を生かして震災支援にかかわるのはノブレス・オブリージュな立場からも必要なことだと思います。
しかし、現実には支援より選挙、支援より議会の役職争奪、そんな人ばっかりの議会って、必要でしょうか?」
「昨日の地方議員のこと、今日の国会のこと、まったく同感です。
市民に評価されなかった元市議が言うべき立場でないかも知れませんが、復興こそ進めないといけないのに政治不信ばかりが進んでいくのが情けない限りです。」

一市民という立場に戻って1ヶ月、震災支援を進める上で市議という立場を失って困ったことはありませんが、市議であれば今以上にできることがあるのは一方の事実で、それだけに動かない議員諸侯への不満は募ってきます。
そのことだけなら市民力を結集して取り組むことでクリアできることですが、この国難に際して遊びとしか思えない政局三昧、さらにまかり間違って解散総選挙で政治の空白を作るとなれば、国際漫画展によせられた漫画からうかがわれる日本の政治に対するシビアな視線が強くなるというより見放されるものになってしまうと思います。
国難を生み出したのは大震災という自然かも知れませんが、それを収めるどころか拡散し続けているのは政治という人災です。情けないです。

« 弘前発の震災国際漫画展 | トップページ | 野田村支援から交流への第一歩 »

政治活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/51813586

この記事へのトラックバック一覧です: 武雄市の樋渡市長に全面賛成:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/05/31 09:26) [ケノーベル エージェント]
武雄市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 弘前発の震災国際漫画展 | トップページ | 野田村支援から交流への第一歩 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ