« 「政治家」である前に | トップページ | 弘前発の震災国際漫画展 »

2011.05.25

チーム「オール弘前」同行記

6/1の写真復元プロジェクト黒石焼きそば隊がコラボする打ち合わせのため、チーム「オール弘前」のバスに同乗させていただき、現地では災害ボランティアセンターから県社協の車をお借りして、別行動しておりました。

まず6/1の件ですが、野田村役場の担当者に話をしたところ、黒石焼きそばは非常に好評だったのでありがたいとのことでしたので、避難所が継続している野田中・野田小・えぼし荘にはあいさつがてら掲示をお願いして、仮設住宅には改めて28日にポスティングすることにしました。
また、災害対策本部からの広報に写真復元プロジェクトのことが紹介されていましたので、焼きそばとの相乗効果で集客できればいいと思います。

ところで、オール弘前は役場周辺と北安家に分かれての作業で、先週お会いした沢口さんへの取材に関西テレビが来ていましたので、オール弘前の活動も報じられることになりそうです。
行きの車中ではボランティアにかかわる自己紹介、帰りは一日の反省を語っていただく時間があり、それぞれの思いを聞かせていただいて参考になりました。
何といってもボランティアセンターのリーダー日野口さんの進行がしっかりしていて、学生がリードして大人が働き行政が後方支援するという、まさに協働ができているのを実感しました。

ここまでの到達点から次に進むために、28日には関西の日本災害救援ボランティアネットワーク(NVNAD)や八戸高専を中心とする八戸勢、そして弘大や私たちがかかわる長期的支援組織「チーム北リアス」の話し合いに臨みたいと思いますし、一方で災害ボランティアセンターへの社協職員の派遣は6月までとなっているので、専門職員が一人しかいない野田村社協、存在が感じられない特養とコンタクトを取っての福祉的な視点での生活再建も視野に入れていかなくてはならないと思います。

« 「政治家」である前に | トップページ | 弘前発の震災国際漫画展 »

震災支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/51773722

この記事へのトラックバック一覧です: チーム「オール弘前」同行記:

« 「政治家」である前に | トップページ | 弘前発の震災国際漫画展 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ