« 2010年12月 | トップページ | 2011年5月 »

2011.02.25

県に公開質問します

今回の長慶会騒動は、地域のために長慶苑を正常化させるのが最優先ですが、その過程の中で県が社会福祉法人に対して適切な指導を行うこと、そしてそれがオープンな形で進められることで、福祉の世界がコンプライアンスにもとづいた普通の感覚で運営させるようになることにつながればという思いで、あえて事荒立てています。
先日のBlogに書いたとおり、仮理事による再建が進められるわけですが、その開催の前に県に対して疑問点を問いただし、それをふまえた適切な進め方をしていただくために、この場を借りて公開質問をすることを知っていただき、それに対して県がどのような対応をするのか見ていただきたいと思っております。
--
2011年2月25日
青森県健康福祉部長 一瀬 篤 様

社会福祉法人 長慶会 (元)理事・本部長 三上 直樹

社会福祉法人 長慶会の件に関する公開質問

前略 先日、社会福祉法人 長慶会に関する調査を依頼申し上げましたところ、特別監査の実施やその後の法人からの仮理事選任の依頼などがあり、正常化に向けた取り組みが進んでいると聞き及んでおり、まずは感謝申し上げます。
 ただし、依頼をした当人である私にはまったく報告がなされていないこと、仮理事選任の過程さらには今後の進め方について問いただしておきたいことがございますので、この文書をインターネットおよびマスコミに公開させていただき、それに対し県がこの問題に対して適切な指導をしていることを明確にオープンな形で示していただきたいと存じます。
つきましては、ご多忙のこととは存じますが、下記の点につきまして対応方よろしくお願い申し上げます。

項目1 11月11日付依頼以降の、県としての対応および調査結果の報告
項目2 その過程で理事長夫婦との水面下での接触があり、近い将来の復権を認めるという方針だとの話が理事長側から出ているが本当か、事実であれば当該職員を明らかにしていただきたい
項目3 2月9日の本田親男サブマネージャーの来訪調査の際、実務のトップである苑長にはまったくコンタクトを取らず、不正経理の首謀者である事務長(副理事長)と面談し、職員からの仮理事選任のための面談からも苑長を外すというのは、適切と言えるか
項目4 今後仮理事による再建が図られていくが、その際理事長やそれに与する職員からのみの情報では一方的で正常な形とはなり得ないので、私や苑長などに情報提供の機会を与えていただけるか
回答方法 仮理事会開催までに、記者会見による回答もしくは3月2〜4日の間に高齢福祉介護保険課長と私とが面談する機会を記者同席の形でもうけていただきたい
--
ファイルでのダウンロードは、こちらから。

2011.02.22

長慶会理事選任に異議あり

社会福祉法人 長慶会は、県に対して理事選任を昨年末に依頼していましたが、このたび選任が行われ、確認できたところでは相馬地区連合町会長・三上鶴雄さん、相馬地区民児協会長・大沢昭夫さん、旧岩木町でさまざまな要職に就いてきた対馬伴成氏、そして職員から湯岡艶子部長が就任することになったそうです。
他に東目屋・清水地区という近隣地区など9名で構成する理事会で再建に取りかかることになるそうですが、これについて私見を述べておきます。

相馬・岩木地区から選出された方々は、私もよく知っている方ですし地位ばかりでなく人物としても申し分ないのを認めますが、職員から部長が選出されたことに関しては大いに異論があります。
この人選に関しては、県の介護事業者グループサブマネージャー本田親男氏が長慶苑に乗り込んできた際に、主任クラス3人と面談したのだそうで、その来訪の連絡が苑長宛ではなく副理事長という立場を失うと知ったとたん事務長という現場のポジションにすべり込んだ人間に届き、その面談に際しても苑長は除外するというのは、理事長夫婦の意向が働いているのは明白ですし、理事会を開催せずに来た者不正経理を首謀した人間の側に立った偏った動きを県当局がしているのであれば、この決定には異を唱えざるを得ません。
この件、県には公開質問状を突きつけたいと思っています。

今後、選出された方々がどのような判断をしていくかはしっかり見守っていきますが、それをオープンな形で情報公開し、それが無法な進め方なのであれば、相馬の福祉を守るために闘っていくつもりです。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年5月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ