« 津軽すこやかネット、新たな展開 | トップページ | チーム学院大(仮)、反響広がる »

2010.06.04

鳩山内閣最大の成果=新しい公共

2日前の突然の退陣表明、そして間もなく民主党では代表選が行われますが、その渦中にある鳩山由紀夫総理は、閣議での総辞職の前に「新しい公共」円卓会議に出席、「新しい公共」宣言に署名あいさつという、最後の公務をされました。
2日前の退陣表明でも、退陣理由の後にこれだけは継続してほしいものとして「新しい公共」について言及していましたが、最後の最後まで時間を割くほど重視されていたわけです。

会議そのものは宣言への署名、各委員からのコメント、仙谷大臣そして次期総理と目される管副総理のあいさつと続き、最後に鳩山総理からのあいさつで30分弱で終わりましたが、鳩山総理が「これが結実したことをうれしく思う」と述べ、座長である金子郁容先生と笑顔で握手する姿に、なぜか涙がこぼれました。
8ヶ月という短命、普天間やカネの問題、リーダーシップの欠如ということは首肯しますが、所信表明演説や退陣表明での感動を与える理想を語る姿は、今の政治家に一番欠けているものを見る気がしますし、その理想家の思いを実際に政策ととして展開できない民主党や霞ヶ関にも問題があると思います。

その鳩山総理の成果であり、そしてこれからも大事にしてほしいものとして掲げた「新しい公共」には、社会事業法人の件で議論を交わした駒崎弘樹さんや「まちづくり」のことを学び語り合う縁をいただいている木下斉さんといった若い有為の人材がかかわっていますし、私も社会福祉法人という枠にとらわれずに、まちづくりや福祉のあり方を変えるために、この視点を大事にしていきたいと思います。

何はともあれ鳩山総理、本当にお疲れ様でした。

« 津軽すこやかネット、新たな展開 | トップページ | チーム学院大(仮)、反響広がる »

まちづくり」カテゴリの記事

福祉と介護」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/48539287

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山内閣最大の成果=新しい公共:

« 津軽すこやかネット、新たな展開 | トップページ | チーム学院大(仮)、反響広がる »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ