« おっとり刀で、ぶん太。「笛力」ライブ | トップページ | 青少年育成研究大会での光と影 »

2009.11.03

相馬支所とざっくばらんな話し合い

私の住んでいる昴町会の懸案である共同アンテナの地デジ化と建築協定のことで、佐々木相馬総合支所長と三上久光課長補佐がおこしになって、町会の理事会で説明と話し合いが持たれました。

102戸の区画が即日完売されてスタートした昴地区には、新しいまちを作るために建築協定がもうけられ、それに沿って壁の色や屋根の形、セットバックの距離などにさまざまな制約があり、その一環としてここにアンテナを立てて景観が乱されないようにと共同アンテナを立てて受信するようになっています。
ところが、それは口頭での説明だけだったようで、建築協定の文中では全くふれられていない幻の協定項目だったのですが、住民は当然共同アンテナの地デジ化は市が進めてくれるものと信じ込んでいました。
佐々木支所長の説明は、アンテナは協定項目ではないこと、他地区のアンテナは補助があるにしても地元負担がベースになっており、市営住宅による難視聴部分以外は個人負担が原則であることという厳しいものでしたが、それに対しては3年前の市政懇談会で市長が対応を約束したという反論があり、私も審議の中で動揺の回答をいただいたことがあると追い討ちしたので、いったん持ち帰って、そのあたりを精査することになりました。
また建築協定についても、分譲当初の説明と食い違っていることがずいぶん見受けられ、見直すにしても基本から確認すべきとがあるという共通認識に立つことができました。

前回、町名変更での説明では市側は自分たちの論理の壁から一歩も出てくる場面がなく話し合いになっていなかったのですが、今回は行き違いが見える場面もあったにせよ、佐々木支所長が胸襟を開いて今回は第一歩で時間をかけて話し合いたいという姿勢で臨んだことから、先に進めていける雰囲気で終わることになったと思います。
前年度までは管財課長としてそつの無い答弁を繰り返していただけに、佐々木支所長のざっくばらんさが際立って映りますが、支所と町会とで第2のまちづくりのスタートに立てたような気がします。

« おっとり刀で、ぶん太。「笛力」ライブ | トップページ | 青少年育成研究大会での光と影 »

まちづくり」カテゴリの記事

相馬村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/46727220

この記事へのトラックバック一覧です: 相馬支所とざっくばらんな話し合い:

« おっとり刀で、ぶん太。「笛力」ライブ | トップページ | 青少年育成研究大会での光と影 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ