« 地域を支える事業を進めていくためには | トップページ | おっとり刀で、ぶん太。「笛力」ライブ »

2009.10.27

夏秋いちごで意外な再会

県主催の「夏秋いちごフォーラム」が青森市で開催されました。
夏秋いちごとは、通常のいちごが6月で収穫が終わった後の7月から10月頃の時期に収穫されるペチカ・なつあかり・サマールビーなどの品種のことなのですが、現在作付面積では全国3位の青森県は「日本一」を標榜していまして、そのため市町村での取り組みに補助金が出ているので目に止まって関心を持ち、2年続けて質問していることもあって、県としての姿勢を知るために参加したわけです。
ちなみに、その情報は青森県庁からのTwitterで知りました。

フォーラムの内容はメモのとおりですが、農研機構のお二人が研究機関としての生産・消費の立場で話されたのと、吉田昌己さんがユリヨーという卸業者として話されたのは真逆の話のように思いましたし、それだけ市場が未成熟不安定であるということは、ある意味でのチャンスもあるということだけは理解できたように思います。

ところで、このフォーラムへの参加をメールで申し込んだところ、確認の電話を担当である農産園芸課からいただきましたが、何と声の主が青森県政策マーケティング委員会の事務方として一番お世話になった堀口恵里子さんだったので、ビックリしながら近況報告となりました。
当日もそつのない司会をされていましたし、この事業が目立つ形で動いているのも彼女の力量によるものだと実感しましたが、企画畑でもずば抜けた才覚を見せた人材を新幹線推進課に持ってきても開業の大事なところで異動させてしまって、その上農林という限られた分野に押し込めてしまうという県の人事は疑問符だらけです。

« 地域を支える事業を進めていくためには | トップページ | おっとり刀で、ぶん太。「笛力」ライブ »

農業・環境」カテゴリの記事

青森県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/46660413

この記事へのトラックバック一覧です: 夏秋いちごで意外な再会:

« 地域を支える事業を進めていくためには | トップページ | おっとり刀で、ぶん太。「笛力」ライブ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ