« 相馬ねぷた、再びの市長賞! | トップページ | 薄れゆく体育祭の意義 »

2009.08.11

ワークキャンプに大きなお客様

今年で13年目となる、夏期交流ワークキャンプがはじまりました。
今回は昨年度とは打って変わって、地元・相馬中からも募集した分の6名が参加し、弘前四中・南中とあわせて18名で福祉体験や共同作業に取り組みます。
1泊2日という短い日程ということもあり、内容としては変わりばえしませんが、そこでの体験が次代のケアを支える第一歩につながってくれれば幸いです。

IMG_3790

ところで、今日は中学生ばかりでなく大きなお客様がやってきました。
翌日の大相撲夏巡業弘前場所を控えた、浪岡町(現青森市)出身の武蔵川部屋・武州山関です。

IMG_3775


札幌から夜行で朝到着し、長慶苑の前にも施設訪問をこなすというハードスケジュールだったそうですが、利用者全員と握手し記念写真に収まり色紙にサインをしてくださいました。
利用者の方々も、本物のお相撲さんの大きさに驚き、やさしく接する姿勢に喜んでくださっていました。

« 相馬ねぷた、再びの市長賞! | トップページ | 薄れゆく体育祭の意義 »

子育て・教育」カテゴリの記事

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/46048594

この記事へのトラックバック一覧です: ワークキャンプに大きなお客様:

« 相馬ねぷた、再びの市長賞! | トップページ | 薄れゆく体育祭の意義 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ