« 久方ぶりに当代一の山唄を聴く | トップページ | 私は木村太郎候補を支持します »

2009.08.17

原点に戻りつつ進化する覚応院宵宮

覚応院の宵宮は、本来の日付である旧暦6月28日に合わせた日程となりました。

この28日というのは、ご本尊である波切不動にゆかりのある日なのだそうでして、昨年までの石戸神社側に合わせるという方向から、やはり由来を大事にしていこうと戻したのだそうで、大湯口まつり実現にはさまざまなハードルがあるなあと思います。
ただ、今回はそれにむけて職員にも案内したところ、二人の職員が火中三昧(かちゅうじゃめ)に挑戦しにきてくれたので、こうやって地域の中に飛びこんでいく姿勢を大事にしていきたいと思っています。

IMG_3819

山を下りてからは、昨年以上の聴衆で登山囃子と佐藤ぶん太。さんのライブがあり、終わってからは登山囃子の方々またお寺の氏子でもある湯口地区の方々と語らい、ごちそうになってきました。
地区の方々もぶん太。さんのCDを買い求めて、好意的な感想を本人にぶつけていましたが、参加する人が増えイベントとしての位置づけが高まるこの宵宮が、さらによい方向に進化していくのに長慶苑としても個人としても協力してきたいと思っています。

« 久方ぶりに当代一の山唄を聴く | トップページ | 私は木村太郎候補を支持します »

イベント・まつり」カテゴリの記事

相馬村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/46080418

この記事へのトラックバック一覧です: 原点に戻りつつ進化する覚応院宵宮:

« 久方ぶりに当代一の山唄を聴く | トップページ | 私は木村太郎候補を支持します »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ