« 教え子のおかげで下北の婚礼に驚く | トップページ | 4年後の当番年度に危機感強まる »

2009.06.27

二度目の「語る会」で語ったこと

昨年9月に麻生総理誕生から総選挙という流れを見こして木村太郎代議士の「語る会」が開催されたのですが、あろうことか二度目の「語る会」を開くはめになりました。
その時は対立候補は相馬地区出身の県議だったのが、国民新党から党籍を移した元代議士へと変わり、自民党も民主党も党首が替わるといったのを振り返るにつけ、政治の世界は一寸先は闇というのを痛感します。

今回は、どんなことがあっても3ヶ月以内には必ず総選挙が行われることもあって、前回以上の聴衆が集まりましたが、前回に続いて市議としてあいさつする機会をいただきました。
私が語ったのは、代議士が並みいる副幹事長の中で一番発言していると職員から認めていただいているという、ご自身からは披瀝しないであろうエピソードと、臓器移植法案で脳死を人の死と認めるA案に堂々と賛成したことなどを引き合いにして、自らの思いを積極的に打ち出すようになった政治家としてのレベルアップを次につなげるためにも、皆さんの力で5期目の当選をお願いしたいということでした。
それを受けての太郎代議士のあいさつでも、相手候補と意見を戦わせる機会があれば決して負けることはないと自ら力強く発言されていましたが、自民党逆風の中での戦いに臨む上で一番必要な気概を示したのは、支援する側からしても心強い限りです。

7月に入れば、郡部から弘前市内へと「語る会」の舞台が移りますが、そこでも与えられた役割を果たしていこうと思っています。

« 教え子のおかげで下北の婚礼に驚く | トップページ | 4年後の当番年度に危機感強まる »

政治活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/45628134

この記事へのトラックバック一覧です: 二度目の「語る会」で語ったこと:

« 教え子のおかげで下北の婚礼に驚く | トップページ | 4年後の当番年度に危機感強まる »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ