« 新郎新婦が結ぶ主賓同士の縁 | トップページ | ドタバタの第4期請求事始め »

2009.05.10

我が家にとっても総決算の年次大会

青森県全体を統括するライオンズクラブ国際協会332-A地区の第55回年次大会が、青森市で開催されました。

今回は会員というだけでなく、YEホストファミリーとしての表彰を受ける立場で、家族ともども参加しました。
家内は思い出すのもイヤだと言っていたのですが、清野YE委員長や五十嵐キャビネット幹事のお計らいで同伴してくれることになり、遊びに行くつもりだった坊主もついてきてくれたので面目が立ちましたし、これまでは表彰など行われていないホストファミリーの苦労を汲み取ってくれて栄えある壇上に立たせてくださった岩谷ガバナーには感謝の気持ちでいっぱいです。

その岩谷ガバナーの第一印象は、警察官上がりだと言うし堅物そうだと思ったのですが、当初からライオン帽の積極的活用や年次大会をミニ国際大会に見立ててパレードを企画、さらにはクラブ会長の経験のない五十嵐幹事の抜擢と横紙破りのリーダーシップを発揮し、年次大会にも事務局の固定化をあえて議題とする姿勢は、賛否両論を呼び起こすほどの存在感を示しました。
遠くからは見ればそれだけでしょうが、YEの件でも気づかいをしていただき、IT副委員長として事務局に顔を出した際にも気さくに話しかけてくださる素顔に接する機会をいただいて、その人間味には敬愛の念を覚えていました。
それだけに、昨年はガバナーエレクト=候補者として我がクラブの岡井眞副地区ガバナーの前に入場した際に何の感慨も抱かなかったのが、最初の入場場面で私まで感極まる思いで見つめるほどでした。
また午餐会でも多くのメンバーから声をかけていただけたことで、キャビネットにかかわった今年一年の総決算ができた気がしました。

「岡井ガバナーが花咲かすために、私は種をまく存在だ」という岩谷ガバナーですが、次年度も前ガバナーとしてご指導のほどよろしくお願いいたします。

« 新郎新婦が結ぶ主賓同士の縁 | トップページ | ドタバタの第4期請求事始め »

暮らしと仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/45010028

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家にとっても総決算の年次大会:

« 新郎新婦が結ぶ主賓同士の縁 | トップページ | ドタバタの第4期請求事始め »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ