« メンタル・スタディという試行 | トップページ | 叔父の死で農家の現実に直面 »

2009.04.29

切り盛りして見えた周年行事の虚実

所属する弘前ライオンズクラブの認証50周年記念式典・祝賀会が挙行されました。
時計塔や車イス寄贈といった記念事業=アクティビティ、26日の雪の中到着された台湾・大稲珵獅子会などの姉妹クラブの歓迎、その準備のための会議もすべてこの日のためにあったわけで、県内外から300名を超える方々にご参集いただき、つつがなく終えることができたのには安堵感を覚えます。

私としては、これで三度目の周年行事でしたが、入ったばかりで何もわからずにお手伝いをしていた40周年、副会計という五役でありながら受付に携わったのみで内情に立ち入らずに終わった45周年と違い、三役である会計さらにキャビネットのIT副委員長として来賓を中心にした受付全体を統括する立場で式典を迎え、開会を見届けたところで祝賀会の会場へと向かって進行役としての打ち合わせをし、祝賀会終了後の姉妹友好クラブとの交歓会では三上祐啓元ガバナーの介添え役と、息つく間もない一日でした。
これは私ばかりでなく、式典・交歓会の司会を務めた同期入会の佐藤光伸副幹事や式典の段取りをしてから祝賀会の司会に回った門前L、そして全体を通じて統括していた佐々木幹事にはより以上の苦労があったと思いますし、鹿児島クラブの方々との三次会を終えてから、ようやく肩の荷を下ろして三人で乾杯することができました。

お越しになった方々からは、「さすが弘前クラブ」というおほめの言葉をいただきましたが、さまざまなところで見えない落ち度がありましたし、メンバーがそれぞれの役割を果たして成功裏に終わったとはいえ、どこかで一丸となっていたとは思えないところに、高揚した達成感がない理由がある気がします。
40周年の際は、同い年でありながら幹事として孤軍奮闘していた三橋Lを見て大変だろうと思っていましたが、切り盛りする立場になってみて何に悩み何に怒っていたのか、10年越しで見えた気がしました。
式典の中では、物故ライオンとして故安井健男Lが紹介されましたが、式典の進行に誰にも負けないこだわりを持ち50周年やキャビネットを持つことに熱い思いを抱いていた安井さんからは、到底及第点をいただけないものだったのではないかと思いますし、認めていただけるようさらに真剣な気持ちで取り組まなければならないと思っています。

« メンタル・スタディという試行 | トップページ | 叔父の死で農家の現実に直面 »

暮らしと仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/45008084

この記事へのトラックバック一覧です: 切り盛りして見えた周年行事の虚実:

« メンタル・スタディという試行 | トップページ | 叔父の死で農家の現実に直面 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ