« 介護予防研修と実務研修をつなぐ | トップページ | 「杜の家やしお」を見学 »

2009.01.22

人事塾がつなぐ縁

先日の経営協・次世代ミーティングでお世話になった若山経営・若山恵佐雄税理士が、コンサルティングをされている知的障害者施設「つがるの里」の今秀則施設長・岩崎次長ともども、長慶苑を訪問されました。

目的は当然ながら長慶苑での人材システムについてで、簡潔に説明をしてからは突っ込んだ話し合いとなりました。
最も焦点となったのは、期待成果として介護職員が担当している個別ケアプランを評価の対象にできるかということで、「つがるの里」では組み入れようとしているそうですが、長慶苑では昨年度はあったものの今年度は項目から外したことを説明しました。
これは、プランの立案達成の責任は担当職員にあるとしても、実際には部署全体で一日の業務の流れの中で個別プランも実践しているのですから、その職員一人で目標を達成しているものではありませんし、さらには仮に介護する側がプランで定めたケアを遂行できなくても本人が自立の意欲を持つことで状態が改善したり目標レベルに到達することもあるので、一概に目標達成をケアする側の手柄にできるものでもないからです。
他にも内部研修の進め方や、新システム移行の際のひずみといったことなど、実際に導入をしようとしているからこそできる話題で、ロマントピアでの昼食に場所を移してからもまじめな議論が続きました。

それだけでなく、今施設長が長慶苑のパンフレットに故川村ちよ先生の写真コメントを見つけて弘高の先輩後輩としての話になったり、石戸神社のアイヌの聖域に友人である末裔の方を連れてきたことがあるという話にまでなって、驚いてしまいました。
今施設長とは、福祉の同業者としてではなく木村太郎代議士の忘年会で出会ったのが最初でしたが、人事塾が媒介となってこれまでにないやりとりができたのは何よりでしたし、これを契機に人材育成のための交流まで持っていけたらと思っています。

« 介護予防研修と実務研修をつなぐ | トップページ | 「杜の家やしお」を見学 »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/43826990

この記事へのトラックバック一覧です: 人事塾がつなぐ縁:

« 介護予防研修と実務研修をつなぐ | トップページ | 「杜の家やしお」を見学 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ