« 覚応院へ初もうでも3年目 | トップページ | 介護予防研修と実務研修をつなぐ »

2009.01.14

「火の鳥」公演と「新・あつい壁」上映に協力

長慶苑で「ドクトル長英」に協力してから早いもので4年もたっていましたが、久しぶりに弘前市での公演があり、担当の石岡さんがチケットやポスターを持って協力の依頼に来られました。
今回は、手塚治虫さんの名作「火の鳥」だそうで、わらび座と深い縁のある手塚さんの生誕80周年記念で愛読してきた漫画がミュージカルになるのですから、私自身はぜひ行こうと思っています。

それから、こちらの方が間近なのに告知が遅れてしまいましたが、これまた何度も一緒に映画上映でかかわってきた青森映画センターから、ハンセン病をテーマにした映画「新・あつい壁」のチケットも預かっています。
初回は青森市にある松ヶ丘保養園の自治会長さん、2回目には映画の中山節夫監督のミニ講演もあるという貴重な上映会なのですが、ちょうど会派での視察と重なっていて観られないのが本当に残念です。
日時:1/30(金) 13:30/18:00
場所:弘前市文化センター
料金:一般・学生=前売1000円(当日1300円)・小中高=800円

どちらも、私に直接もしくは長慶苑にお問い合わせください。
長慶苑も、この2年ほどはイベントから離れていましたが、地域へのアピールそして違う分野の方々と交流協力する大事な機会ですので、また自前の企画にも挑戦したいと思っています。

« 覚応院へ初もうでも3年目 | トップページ | 介護予防研修と実務研修をつなぐ »

イベント・まつり」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 2009年は選挙年でもあり、あまり余計な口出しはするまいと思っていたのですが、少しだけお邪魔します。

 劇団わらび座は、娘の卒業した学校の修学旅行宿泊先でもあり、親子で縁の深い劇団です。ぜひ、本拠地「ゆぽぽ」も訪れてみて下さい。

 私は2月初めに帰省し、3年ぶりに弘前劇場を弘前でみます。下北沢演劇祭参加作品です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/43744290

この記事へのトラックバック一覧です: 「火の鳥」公演と「新・あつい壁」上映に協力:

« 覚応院へ初もうでも3年目 | トップページ | 介護予防研修と実務研修をつなぐ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ