« 弘前医療福祉大学で民主党の底力を見る | トップページ | 相馬保育所からのクリスマスプレゼント »

2008.12.16

介護予防指導者の熱意に応える

在介協では今年も介護予防支援従事者研修を受託していますが、今年度の指導者6名との打ち合わせに引き継ぎのために陪席したところ、二日目の午後にワークショップを取り入れることになったため、ファシリテーターとしての進め方を指導してほしいということになりました。

IMG_2837.JPG

私の都合で1時間半しかない中で、レクチャーと実際にワークショップをやってもらうという強行軍になってしまいましたが、ワークショップが相互作用であることを実感してもらえるような進み方になりましたし、テーマを絞るためのワークショップに続けて実際にそれを形にしていくにはロジックモデルで行うとよいのも理解していただけたので、きっと成功できると思います。

今年は昨年と違って、基本に立ち返った内容で講義・演習を行うことになりましたし、6名の万全を期すための準備も周到に進んでいますので、いい研修になるのは太鼓判を押せますので、予防プランにかかわるケアマネージャーにはぜひとも受講してほしいと思います。

« 弘前医療福祉大学で民主党の底力を見る | トップページ | 相馬保育所からのクリスマスプレゼント »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/43471706

この記事へのトラックバック一覧です: 介護予防指導者の熱意に応える:

« 弘前医療福祉大学で民主党の底力を見る | トップページ | 相馬保育所からのクリスマスプレゼント »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ