« 相馬保育所からのクリスマスプレゼント | トップページ | 覚応院へ初もうでも3年目 »

2008.12.31

利用者から「心戒十訓」

大晦日で、そろそろデイサービスセンターも帰りの時間となる頃、ある利用者が「あいさつの参考にしてくれれば」と、1枚のコピーを差し出しました。
渡邊博史さんという方の「心戒十訓」というもので、次のような箴言が並んでいます。

  1. 人を大切にする人は人から大切にされる。
  2. 人間関係は相手の長所と付き合うものだ。
  3. 人は何をしてもらうかより何が人に出来るかが大切である。
  4. 仕事では頭を使い、人間関係では心を使え。
  5. 挨拶はされるものではなくするものである。
  6. 仕事は言われてするものではなく、探してするものである。
  7. わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強だ。
  8. 美人より美心。
  9. 言葉で語るな、心で語れ。
  10. 良い人生は、良い準備から始まる。

あいさつ以前に、我が身を振り返って耳の痛いものばかりでしたが、介護が必要であっても人生の先達として導きを与えてくださる利用者の方々は、やはり尊敬に値する存在であるのを改めて実感しました。
これを拡大コピーして、デスクサイドにはって、常に心がけるような2009年にしたいと思います。

何はともあれ、「議会を変える、弘前が変わる」ともどもご覧いただいた皆様、今年もお世話になりました。
来年も、議員としては「変える」、それ以外は「語りき」で書き分けながら、三上直樹の言行を伝えていきたいと思っておりますので、これからもよろしくお願いいたします。
それでは、よいお年を。

« 相馬保育所からのクリスマスプレゼント | トップページ | 覚応院へ初もうでも3年目 »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

 あけましておめでとうございます。年末ネットワークも拝聴したのですが、視聴者5−6人で、内容も主張もわかりにくかったです。

 心戒十訓、”過去と他人は変えられない”とよく祖母に戒められましたので、なるほどと思います。私も、高齢者には教えられたり助けられたりする事がとても多いので、大切にしたいと思っています。

 ただ、以前にも保育園児の鼓笛があったように思うのですが、就学期を6歳と定めてあるのは、成長過程で集団行動を教えるには適期があって、”あまり早くから奉仕や訓練を教えてしまうと、成長してから意欲や適応力がなくなる”という風に私は教わりました。
 自殺や引きこもりの多い津軽の現状にも鑑み保育園の教育という事を今一度見直していただきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/43586922

この記事へのトラックバック一覧です: 利用者から「心戒十訓」:

« 相馬保育所からのクリスマスプレゼント | トップページ | 覚応院へ初もうでも3年目 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ