« 今年も相馬小総合学習 | トップページ | 哀愁のシードル・ヌーヴォ祭 »

2008.11.01

母校の美術展の光と影

12:00からの木村太郎代議士を囲む市町村議員懇話会は思いのほか早く終わり、14:00からの 「子どもと夢の架け橋フォーラム」まで時間が空いたので、中三デパートで開催されている「鏡ヶ丘同窓会創立60周年美術展」に立ち寄りました。

IMG_2578.JPG

旧制弘前中学・県立弘前高校の同窓生や職員による作品の中には、内外で活躍する美術家・書家にまじって、経済界や医療の場で名をとどろかせている方、相馬中の校長・教頭を務められた先生の作品もあり、一見の価値は十分です。
ただ気になったのは、私たちより下の年代の作品はわずか一つで、まだ若い芽を出すのが遅れているだけなのか、文化を育てるだけの根っこまでやせ衰えているのか、気になるところです。

何はともあれ、3日まで開催されていますので、芸術の秋をお楽しみいただきたいと思います。

« 今年も相馬小総合学習 | トップページ | 哀愁のシードル・ヌーヴォ祭 »

弘前市」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/42983045

この記事へのトラックバック一覧です: 母校の美術展の光と影:

« 今年も相馬小総合学習 | トップページ | 哀愁のシードル・ヌーヴォ祭 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ