« アークノアで南米を発見 | トップページ | 白澤政和先生をお迎えして研修会 »

2008.10.27

恩師のおかげで、旧友と再会

相馬中スキー部の顧問を長らく務めた後藤昌道先生がお亡くなりになり、通夜に参列しました。

後藤先生は、14年もの間スキー部の顧問をされ、私は先生が異動となる最後の3年間指導していただきました。
実際のトレーニングは2年生からは早大スキー部から新卒で赴任した菊池一史先生、3年になってからはアルペン部門だけは明大スキー部を卒業したばかりの石岡千春コーチが見るようになったので、直接の指導ではなく、精神的な指導や用具を買うのを資金援助してくださる立場でしたが、いてくださるだけで心の支えになる頼れる先生でした。
これは思い過ごしかもしれませんが、旧制弘前中学(現弘前高校)スキー部であの三浦雄一郎氏の先輩にあたる先生は、スキーの成績はともあれスキー部から弘高をめざすという唯一の存在であった私に目をかけてくれ、三浦氏のサインをポンとくださったのは、後輩へのエールであったと思い出されます。
葬儀場にはスキー部の先輩やスキー関係者が、密葬にもかかわらず多数顔をそろえていましたが、この場を借りてご冥福をお祈りしたいと思います。

ところで、その中に前全日本複合チームヘッドコーチで現在はスキー連盟複合部長という仰々しい肩書を持つ、同級生の成田収平もいました。
世界を飛び回っていた際も、トリノやソルトレイクからメールで状況を伝えてもらえる旧友ですが、実際に会うのはいつ以来か思い出せないくらいでしたので、旧交を温めるために我が家にそのまま連れてきて、酒宴となりました。
ちょうど、同級で西目屋中スキー部で複合をやっていた成田さんが向かいに住んでいる話になり、呼びに行って3人で昔話に花を咲かせましたが、前回飲んだのもスキー部の大先輩であるレイクプラシッド五輪代表で早逝した花田敏博さんの通夜の後以来で、こういうことでもないと顔を合わせられないのは複雑な気持ちです。
それはともかく、日本のスキーを支える重要なポジションをこなしている親友に久方ぶりに接し、立場は違えど人生のライバルに負けていられないという気になりました。

« アークノアで南米を発見 | トップページ | 白澤政和先生をお迎えして研修会 »

スポーツ」カテゴリの記事

相馬村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/42930388

この記事へのトラックバック一覧です: 恩師のおかげで、旧友と再会:

« アークノアで南米を発見 | トップページ | 白澤政和先生をお迎えして研修会 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ