« 韓国の多様な施設ケアと出会う | トップページ | 次期基本計画の素案には失望ですが »

2008.10.04

20年ぶりに独立記念館へ

韓国での4日目は、天安市にある「独立記念館」を見学しました。
1987年の開館直後の1988年に、一人旅の卒業旅行で訪ねた際に強烈な印象を受けたのが忘れられず、これからの日韓関係を考える上で避けるわけにはいかないテーマだけに、改めて訪問したいと思っていましたので、逡巡する韓国の友人に無理を言って連れて行ってもらいました。

IMG_2357.JPG

巨大なモニュメントや建物であったのは失念していましたので、規模の大きさには感嘆しましたが、前回衝撃を受けたはずの日本軍の拷問や残虐さを展示しているコーナーではさほどインパクトを受けず、逆にそれに抵抗しながら独立のために戦い続けた展示を見て、ただただ36年間の日帝支配に耐え忍んでいたのではないのを初めて知った思いがしました。

IMG_2364.JPG

当日の通訳は、女子高2年のチャンさんが務めてくれたのですが、アニメが好きで日本への留学を熱望しているという彼女と話していると、日本の同年代が余りに歴史を知らないことは悲しいと言っていましたが、修学旅行では多くの高校生が訪ねているという独立記念館にいきなり行くのではなく、近代において日本と韓国、そしてアジアとの間に何があったのかをきちんと学ぶ必要があると、改めて痛感しました。

途中のサービスエリアでトッポッギという庶民食、水原に戻っての昼食ではカルグクスという韓国うどんをごちそうになり、ソウルに送ってもらってからは最大の繁華街・明洞(ミョンドン)でのショッピング、さらには丸二日一緒してくださったチョンさんの奥様とお子さんも合流して花火大会の見物で鈴なりの人出となっていた南山からの夜景を楽しみながら、観光ではない普通の韓国にふれて今回の訪韓を終えることができました。

8月以来の再会となった3人、今回のセミナーに推薦して手配をしてくれたユンさん、そして今回初めて出会った新しい友人に恵まれて、さらに韓国との交流を進めていこうという気持ちでいっぱいです。

« 韓国の多様な施設ケアと出会う | トップページ | 次期基本計画の素案には失望ですが »

国際交流」カテゴリの記事

戦争と平和」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/42703204

この記事へのトラックバック一覧です: 20年ぶりに独立記念館へ:

« 韓国の多様な施設ケアと出会う | トップページ | 次期基本計画の素案には失望ですが »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ