« 相中祭を見ての葛藤 | トップページ | 小連体での成果を喜ぶ »

2008.09.04

この時期だからこそ、政策を「語る会」

1日夜の福田総理総裁の辞意表明という緊急事態で、開催が延期されるか、開催されても本人は来ないのではないかと心配しましたが、予定どおり相馬地区での「木村太郎と語る会」が行われ、太郎代議士本人が姿を見せてくれました。

今となってはいつまでの任期かということになってしまいましたが、先般の内閣改造・党人事で副幹事長に就任するにあたり、麻生幹事長から電話があった際のエピソードは話題にしていましたが、今回の件に関しては、党人として総裁の唐突な辞意表明におわびをするとともに、副幹事長としては誰を支持するかといったことより総裁選挙できちんとした論戦が行われる環境を作るのが務めだと言うにとどめていました。
逆に、原油高やコメ価格対策、果樹経営支援や後期高齢者医療まで、さまざまな資料をそろえて、政府与党としてどのような対策を取っているのか、また民主党の対案がどれだけ矛盾しているかを力説するのに時間を取っていましたが、その論拠はともかく、世情が総裁選挙一色になり誰が出馬するのかという政局に関心が集まっている中で、きちんと政策について語ろうとするのは大事なことだと受けとめました。

ところで、開会にあたって市議としてあいさつする機会をいただきましたが、私はその場で表明したとおり政治の時計を逆戻りさせるわけにはいかないという思いで、選挙区においてはこれまでどおり木村太郎代議士を支援するつもりです。

« 相中祭を見ての葛藤 | トップページ | 小連体での成果を喜ぶ »

政治活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/42410217

この記事へのトラックバック一覧です: この時期だからこそ、政策を「語る会」:

« 相中祭を見ての葛藤 | トップページ | 小連体での成果を喜ぶ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ