« 女性と高齢者の政治参加を語る | トップページ | 再び、韓国へ »

2008.09.23

燕雀の立場から、鴻鵠の朝原選手引退に思う

地区予選の結果を受けて、6名の選手が小学校県記録会に出場しましたので、引率してきました。
昨年は複数種目で入賞できたのですが、今回は出場選手が少ないために引っかかったというのが多かったのもあって、残念ながら一人も決勝に残れませんでした。

ちょうど、頃合いが朝原宣治選手のラストランとなる「スーパー陸上」に間に合いそうだったので、速攻で引き返して最後の走りを見届けました。
緊張のせいかスタートで出遅れたのでアッと思いましたが、最後まで衰えぬ実力を見せつけるかのように銅メダルメンバー3人とのガチンコ勝負を制したのには、本当に感動しました。
引退セレモニーでは、スタンドを埋めた大観衆を前に「こんな幸せな選手はいない」と話していましたが、日本人が得意としてきたマラソンや長距離ではなく、誰もが体験する駆けっこの延長でありながらボルト選手のようなアフリカ系の身体能力には太刀打ちできないと思われていた短距離で世界と勝負できるのを身をもって示してくれた功績、それでいながら勝負師のような人を寄せつけない雰囲気ではなく、史子夫人との仲むつまじさからうかがわれる人のよさが、誰から慕われる人望を作り上げたのだと思います。

一方で現実を振り返ると、記録会でお会いした旧知の方も陸上をやろうという子どもの少なさを嘆いていましたが、今回の引退やオリンピックを見た子どもたちがもっと速く走りたいと思ってくれたらいいと思いますし、自分でかかわっているクラブの子どもたちには、がんばっていけばいつかは朝原選手のようにと思ってもらえるように、シーズン最後まで楽しくトレーニングしてもらおうと思っています。

« 女性と高齢者の政治参加を語る | トップページ | 再び、韓国へ »

スポーツ」カテゴリの記事

子育て・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/42578261

この記事へのトラックバック一覧です: 燕雀の立場から、鴻鵠の朝原選手引退に思う:

« 女性と高齢者の政治参加を語る | トップページ | 再び、韓国へ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ