« 羽田空港で街頭テレビ体験 | トップページ | 20分の濃密な披露宴 »

2008.08.22

個人的オリンピックハイライト

実のところ8日の開会式以来、北島選手の2種目2連覇、フェルプスの8冠、女子レスリング4人娘の活躍といった栄光の陰には、「ママでも金」がかなわなかった谷選手、主将の呪いにかかった鈴木選手、走る前に連覇を断念せざるをえなくなった野口選手らの挫折があり、スポーツの祭典のすばらしさ、恐ろしさを見せつけられて、オリンピックの放映にかじりついてばかりの生活を送っていました。

ただ、小学校の陸上クラブコーチという立場からして、何と言っても注目は陸上競技でしたが、3種目で驚異の世界新を連発したボルト選手、見事な世界新で観客を魅了したイシンバエワ選手といった世界の壁に阻まれて、日本勢の不振は目を覆うばかりでしたが、最後の最後で男子4×100mリレーが銅メダルという快挙を達成してくれました。
高野・伊東という歴代のファイナリストとともに戦ってきたベテラン朝原選手の最後の舞台を、不振に苦しんだエース末續選手と次の次代を担う塚原・高平選手が支えて、最高のフィニッシュで飾った瞬間は、ずっと応援し続けてきた者として、涙が止まらないほど感動しました。
多くの種目がある中で、走る・泳ぐといった誰でもできる種目ほど身体能力の壁が厚いのは、フェルプス・ボルト両選手を見ればわかるとおりですが、そこで最大限の工夫と努力、そしてチームワークという者を武器に戦って成果を出したのは、まさに日本らしい勝利でしたし、私にとっては北京オリンピック最大のハイライトでした。

何はともあれ、多くの感動を呼んだ選手・スタッフの皆さん、本当にありがとうございます。

« 羽田空港で街頭テレビ体験 | トップページ | 20分の濃密な披露宴 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/42344422

この記事へのトラックバック一覧です: 個人的オリンピックハイライト:

« 羽田空港で街頭テレビ体験 | トップページ | 20分の濃密な披露宴 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ