« JAZZの「生きる伝説」に再会 | トップページ | ライオンズクラブという仲間 »

2008.07.26

ラグリーで仕事を学ぶ

昨年に続いて、ヤスタケ友の会にお招きをいただき、市内のラグリーに足を運びました。
政治の世界でもライオンズクラブでも教えをいただいた先代・安井健男さんがお亡くなりになって早いもので1年以上の月日が過ぎ、奥様である静子さんが社業を引き継いで今年は株式会社となって30年という節目にあたるのだそうです。

IMG_1871.JPG

それを支えてきた社員を全員壇上に上げ一人ずつ紹介されていましたが、この姿勢は一つの仕事を3社でやれば三つの仕事になると言い業界全体が共存共栄していくことを大事にしてきたと、先代の遺徳をしのんだ友の会副会長のあいさつと通底するもので、こういう姿勢が長く仕事を続けられる礎になっているのを感じました。

ところで、ちょうど同時刻に下の階では相馬郵便局長を長らく務めてこられた竹内功さんの送別会が催されていたのですが、お開きで出たところで旧知の方々と一緒になって二次会三次会とおつきあいしてきました。
竹内局長には先月も局でいつもどおりにお会いしたばかりだったのですが、その時にはすでに退職を決めていたのかと思うと、仕事に対する決然とした姿勢を感じます。
仕事において大事なものを、それぞれ教えていただいたひとときでした。

« JAZZの「生きる伝説」に再会 | トップページ | ライオンズクラブという仲間 »

暮らしと仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/42003429

この記事へのトラックバック一覧です: ラグリーで仕事を学ぶ:

« JAZZの「生きる伝説」に再会 | トップページ | ライオンズクラブという仲間 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ