« 青森クラブに、初めてビジター訪問 | トップページ | 秋田屋で「飛馬の星」演舞 »

2008.07.13

スキー部マラソンで、昔を思い出す

相馬中・広域スキー部=石岡千春チームは、オフシーズンの間は陸トレを水・土・日で行っていますが、今回は鰺ヶ沢スキー場から高照神社までの20kmのマラソンに挑戦しました。
これは、私たちが中3の時に千春さんがコーチとしてやってきて、白神山地の入り口にあった旧砂小瀬小学校から中学校までの21kmを走って以来の伝統行事です。

IMG_1781.JPG

14人のメンバーは小6から高3まで体力も走力も違いますが、自分の限界を超えることに目的がありますので、まずは完走が目標です。

長女は先日来、足の甲に疲労骨折での痛みがあり、陸上の県大会が間近だという事情もありましたので、足を引きずりだした10kmのところで最後尾の救護班を受け持っていた私が止めましたが、自分も最初で最後の挑戦の際に自律神経失調で3kmで走れなくなった過去があるだけに、その無念さはよくわかります。
千春さんも、まずは痛みを取って夏休み中にリベンジだと言ってくださっていますので、その時には改めて伴走したいと思っています。

終わってからは、百沢スキー場の下にある桜林公園で親子ともどもバーベキューをし、満腹になってから練習がてら昔ながらの缶蹴りや陣取りを教えて、子どもたちを走り回らせました。
親の側は、だんだんと昔を思い出して子どもたちに指令を飛ばして楽しんでいましたが、こうやってみると昔の遊びは走り回る体力や敏捷性、さらにはその場での瞬時の判断を繰り返すものが多く、自然とスポーツをするための基礎が養われていたのがわかります。
厳しいトレーニングと楽しい遊びで、昔を思い出したひとときでした。

« 青森クラブに、初めてビジター訪問 | トップページ | 秋田屋で「飛馬の星」演舞 »

スポーツ」カテゴリの記事

子育て・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/41831418

この記事へのトラックバック一覧です: スキー部マラソンで、昔を思い出す:

« 青森クラブに、初めてビジター訪問 | トップページ | 秋田屋で「飛馬の星」演舞 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ