« スケールアップする覚応院宵宮 | トップページ | 50年目の奉納武道大会 »

2008.07.30

大湯口まつりの夢、アイヌの幻に酔う

覚応院宵宮でもふれたように、湯口地区の石戸神社の宵宮といえばかつては一番にぎやかなまつりだったのですが、今年の夏も宵宮は行われず、氏子・地区役員に私とでの例大祭が執り行われました。

終わってから公民館での直会となりましたが、地区の役員の方々にせっかく覚応院で日程を移したのだから一緒に宵宮をやってはどうかとふってみたところ、一度は話し合いをしたがそれっきりになってしまったもののできるものならばという、思いがけず前向きな反応でしたので、それならばお寺と神社に湯口地区だけではなく、同じ「大字湯口」である昴と安田団地にも声をかけて、「大湯口まつり」をやろうと話が盛り上がりました。
これを実現するとなると、どこかが仲立ちをし事務局的な役割を果たさなければなりませんが、私が例大祭に招かれているのはそのためのようなものですから、長慶苑でできる限りの働きかけをしたいと思っています。

そんな大風呂敷に酔いしれていると、地区の方が神社の後ろの杜の中を指さして、「そこにアイヌの聖域があって、毎年お参りに来るのに、今年は来ていない」と話し出しました。

IMG_1889.JPG

写真に写っている木の棒が目印のようで、コンタクトのある方の話によると、神社に祀られているメノコの霊がアイヌには見えるのだそうで、この地を訪ねてくるのだそうです。
初めて聞く話にビックリしましたが、相馬のルーツにかかわる秘密にふれて、アイヌの幻が浮かぶほどの酔いの中での楽しいひとときでした。

« スケールアップする覚応院宵宮 | トップページ | 50年目の奉納武道大会 »

イベント・まつり」カテゴリの記事

相馬村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/42038684

この記事へのトラックバック一覧です: 大湯口まつりの夢、アイヌの幻に酔う:

« スケールアップする覚応院宵宮 | トップページ | 50年目の奉納武道大会 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ