« 心機一転の夏まつり | トップページ | 大湯口まつりの夢、アイヌの幻に酔う »

2008.07.29

スケールアップする覚応院宵宮

ライオンズクラブの会議とかち合ったため、火中三昧(かちゅうじゃめ)には間に合いませんでしたが、覚応院の宵宮に坊主と出かけました。

今年は何と仮設ステージとりんごのコンテナ箱で客席までもうけられていて、ちょうど登山囃子の組や佐藤ぶん太。さんの演奏に間に合い、貞真住職に声をかけていただいて、楽しい宴席に加えていただきました。

IMG_1886.JPG

年々宵宮の規模が大きくなっているのを実感し、ここまで持ってきた貞真住職のご苦労には感嘆しますが、湯口地区といえば元々神社の宵宮が盛大だったのを覚えているだけに、せっかく例大祭の日程に覚応院があわせてくれたこの機会を逃さずに、さらに大きなイベントにできないものかと、一つだけ残念な気持ちで家路につきました。

« 心機一転の夏まつり | トップページ | 大湯口まつりの夢、アイヌの幻に酔う »

イベント・まつり」カテゴリの記事

相馬村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/42021525

この記事へのトラックバック一覧です: スケールアップする覚応院宵宮:

» 大湯口まつりの夢、アイヌの幻に酔う [三上直樹、かく語りき]
覚応院宵宮でもふれたように、湯口地区の石戸神社の宵宮といえばかつては一番にぎやか [続きを読む]

« 心機一転の夏まつり | トップページ | 大湯口まつりの夢、アイヌの幻に酔う »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ