« ライオンズクラブという仲間 | トップページ | スケールアップする覚応院宵宮 »

2008.07.27

心機一転の夏まつり

今年で13回目となる、長慶苑夏まつりが開催されました。
今年は石川流やまぶき会がメインでしたが、村内からいくつもの団体が出演してくださり、田植えでお世話になっている鼻和地区の方や急きょ登山囃子をやっていただいたりと、多彩なイベントでたくさんの方々に楽しんでいただけたと思っています。

IMG_1879.JPG

ところで青森市から戻る間に、YE生の件でも飛馬の星のことでも空回りが続いていましたので、私は中学校以来28年ぶりに三分刈りにしてもらい、あいさつやら来賓紹介、さらには飛馬の星の口上役「飛馬スク」としてマスクをかぶって登場したりと、いつになく出番をいただきました。

長慶苑も干支が一回りするほどの年数が過ぎ、漫然とこれまでどおりに続けていればいいという時代ではなくなっています。
それを自ら身をもって示したい、肝に銘じたいということでの丸刈りですので、今度お会いしても失笑されませんように。

« ライオンズクラブという仲間 | トップページ | スケールアップする覚応院宵宮 »

イベント・まつり」カテゴリの記事

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/42003712

この記事へのトラックバック一覧です: 心機一転の夏まつり:

« ライオンズクラブという仲間 | トップページ | スケールアップする覚応院宵宮 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ