« 付け焼き刃の実態を露呈 | トップページ | 「よさこい津軽」後の祭だけ参加 »

2008.06.24

葛巻町再探訪を決意させる講演

中小企業家同友会・津軽支部の公開例会があり、認定審査会を終えてから大鰐町の鰐comeへと向かいました。

今回の講師は、岩手県葛巻町の中村哲雄前町長で、「株式会社くずまきの挑戦」と題して、企業センスでのまちづくりをマシンガントークで熱く語ってくださいました。
開会から1時間遅れでしたので、バイオマスや風力によるクリーンエネルギーについては聞くことができませんでしたが、後半の乳牛やワインについては昨年家族で訪ねた際に感嘆を覚えていましたので、そこまで成功させるに至った経緯を聞くことができ、さらに関心がわきましたので、ぜひもう一度じっくりと訪ねてみようと思いました。

ところで、最後のあたりで職員から行政のトップまで上りつめた経験からの信念として、改革は現場の最前線にいる者が一番知っている、組織の価値はトップで決まる、すぐれたトップが3人いれば改革が実現できるというお話をされましたが、思い当たりながらも実現できないことでもあり、やはりめざすべき指針になる言葉だと受けとめてきました。

« 付け焼き刃の実態を露呈 | トップページ | 「よさこい津軽」後の祭だけ参加 »

まちづくり」カテゴリの記事

暮らしと仕事」カテゴリの記事

コメント

葛巻の森と風のがっこう
http://www5d.biglobe.ne.jp/~morikaze/
の吉成さんは,世田谷の教育にも関係の深かった方です。

経済効果を生みにくい環境を、商品の付加価値へ本当にうまくいかした希有な例ですよね。

愚痴になってしまいますが,世界自然遺産を活かすどころか...の弘前。
それでもJTBの調査では行ってみたい世界遺産2位なんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/41643555

この記事へのトラックバック一覧です: 葛巻町再探訪を決意させる講演:

« 付け焼き刃の実態を露呈 | トップページ | 「よさこい津軽」後の祭だけ参加 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ