« 広域スキー部の世界に踏み込む | トップページ | 葛巻町再探訪を決意させる講演 »

2008.06.15

付け焼き刃の実態を露呈

地区予選の結果10人が出場できることになった、全国小学生陸上競技交流大会県大会が県営運動公園で開催されました。
ほとんどの市内の小学校が出場していない地区予選と違い、他の5ブロックから集結した精鋭の前には歯が立たず、1位のみに与えられる全国大会への出場権はおろか、一人も入賞することができませんでした。
直前の週に満足にトレーニングができずじまいだったばかりでなく、何と言っても基本的なトレーニングパターンを構築できずに付け焼き刃でやっている実態が露呈してしまったのは、ひとえに私の責任だと思っています。

それでも、アップの時間確保のために6:30出発となっても協力してくださる保護者、何よりたくさんの選手を目の当たりにしても物怖じすることなく今の全力を出してくれた子どもたちの気持ちに応えられるよう、次の地区予選に向けて体勢を立て直していこうと思います。

« 広域スキー部の世界に踏み込む | トップページ | 葛巻町再探訪を決意させる講演 »

スポーツ」カテゴリの記事

子育て・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/41550437

この記事へのトラックバック一覧です: 付け焼き刃の実態を露呈:

« 広域スキー部の世界に踏み込む | トップページ | 葛巻町再探訪を決意させる講演 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ