« 近年まれに見る残念な運動会 | トップページ | レクではない音楽療法スタート »

2008.06.02

林会長の素顔にふれる

研修委員長を仰せつかっている青森県地域包括・在宅介護支援センター協議会=在介協の総会研修会があり、恒例により研修会の司会を務めました。
今回の講師には、全国在介協の林芳繁会長をお招きして、2月に発達された在宅介護支援センターを積極的に活用することを市町村に求める厚生労働省計画課・振興課による通知に至るまでのやりとりや、それを予算化してもらうための働きかけといった組織のトップとしての苦労や、これからの団体の方向性などを報告していただきました。

IMG_1448.JPG

写真は終了後の懇親会のものですが、ご覧のとおりの立派な体格での押し出しに圧倒されて、親交が深い方の多い在介協役員の中では珍しく接点がなかったお一人だったのですが、紹介のプロフィールを見ると「フランス政府給費留学生としてベルサイユ音楽院に留学」とあり、驚いてしまいました。
研修会前の打ち合わせの場でお話しさせていただいたのですが、その経歴を生かして施設でも20年来音楽療法に取り組んでいて、ニューヨークから講師を招くほど力を入れているのだそうです。
長慶苑でも今年から取り組もうとしているところですので、非常にいいタイミングでお話を聞かせていただいたと思いましたし、林会長の素顔にふれることができたのも、役得だと思いました。

ところで、青森県在介協は坂本会長が再任され、私は今期から調査研究委員長に足場を変えて、予防にかかわる自治体格差を調査することで、来年度の介護保険事業計画策定に少しでもプラスとなる活動をしていこうと思っています。

« 近年まれに見る残念な運動会 | トップページ | レクではない音楽療法スタート »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/41413759

この記事へのトラックバック一覧です: 林会長の素顔にふれる:

« 近年まれに見る残念な運動会 | トップページ | レクではない音楽療法スタート »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ