« 陸上クラブ騒動、その後 | トップページ | つまむ側での話し合い »

2008.04.18

ホームグラウンドに県議を迎える

「政策ラウンジ」については何度か書いてきましたが、今回は鹿内博県議による道路特定財源問題というので、同じ(とは言っても格が違いますが)政治家のレクチャーを初めて聞かせていただきました。
さまざまな新聞記事や県から提出された資料に裏打ちされた展開だったのはさすがだと思いましたし、三村知事が道路事業を凍結したのにふれて半分は暫定でない財源があることや、それを使うためにも民主党は国庫補助金の手続きを簡素化させる法案を出すべきだといった指摘には、鋭いなあと感心しました。

それを受けてメンバーをまじえての論談となったのですが、政局の見方や行政システムの制度疲労、さらには暫定税率以上に後期高齢者医療が問題だというところまで話が進んでいく中、鹿内県議ともども同席してくださった同じ会派の古村県議も、ほとんど聞く側に回っていました。
終わってからごあいさつさせていただこうと思っていたのですが、その立場の違いからか、お二方とも早々にお帰りになってしまったのも残念でした。
私はいつもどおり好き勝手にオフレコ話をしていましたが、これはやはりその場限りのスピーカーとしてではなく、ホームグラウンドのように聞く側として参加しているかどうかの違いだと思っています。

これからも、自分の活動や思いを伝えるだけでなく、聞いたり学んだりすることを怠らないようにしていこうと思っています。

« 陸上クラブ騒動、その後 | トップページ | つまむ側での話し合い »

政策・マニフェスト」カテゴリの記事

青森県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/40922580

この記事へのトラックバック一覧です: ホームグラウンドに県議を迎える:

» 道路でなく、「国交省特定財源」だ [あおポリ]
「市民とマニフェスト・あおもり研究ラウンジ」の2008年4月定例会は、「道路財源 [続きを読む]

« 陸上クラブ騒動、その後 | トップページ | つまむ側での話し合い »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ